ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

ノーコードのデザイン。

こんばんは、さじです。

 

基礎は本で、新しい情報はTwitterで収集の
48歳新人webデザイナーでございます。

 

ところで、1か月ほど前にTwitterサブアカウント
ノーコードデザインという言葉に出会いました。

studio.design


文字通り、コードなしでデザインができるという
WordPressの簡易版、いや進化版のような感じ?
こちらで紹介されている作業の動画を見ると
ドロー系アプリケーションのような編集画面で
WordやPowerPointのように写真や文字も
ボックスを用いて手軽に配置できてしまいます。
また、ふわっとした動きなども直感的なツールで
よりイメージしながら実装できるようです。
プレビューもすべて一つの画面上で完結してます。

大昔(今の小中学校もそうですね)
イラストや写真を切って(今でいうトリミング)
台紙に貼って発表用の資料とか作りませんでした?
そんな感じです。誰にでも出来そうな。

ブログのように文字がメインだとはてなのようなサービスが書く方も読む方もベストですが
ポートフォリオ(作品集)をwebで作りたい人や
地域イベントのような資金にゆとりのないサイトには
ぴったりのサービスだなあ、と思いました。

webデザインはデザインだけでなく
コーディング知識もないといけないことが
身にしみて来た今日この頃です。
コードを書けることが重要ではなく
どういったアクションが行われるのかを意味付けした
マークアップ工程なるものを理解していることが
webデザイナーには必要だということです。

もちろんデザインからコーディングまでのすべてを
スピーディーに行えるデザイナーは最強です。
アプリケーションやツールの発達で
デザイナーのやること、増える増える。
かつて、写植版下からDTPに移行した際の
これまで製版が行っていた写真の処理などの
手作業工程が増えたことを彷彿とさせます。
注:DTP以前は指示だけで製版が調整をしたがDTPでは画像に関する調整はデザイナーの作業となった。


webデザインの世界でも同様に
デザインとコーディングは別、の状況も
そろそろ境界が失われつつあります。
自分もこのままだと、コーディング専門の
コードは爆速で書けるけどデザインは出来ないという
貴重な人材にコバンザメ化するしかありません。
(今がそうですけども)

ノーコードデザインはまだ発展途上のようで
凝ったこと、捻りのあることは今後に期待とのこと。
似通いつつも見苦しさのないお洒落なサイトを
コードを書くこともなく作成できるので
デザイナーだけで完結できることになります。
グラフィックの知識、配色バランス、
ページ構成のレイアウトなど、DTPで培った能力が
試される時がまもなく来るようです。

ただし、このサービスと同じことができるだけでは
webデザイナーとして生き残るのは難しいことを
突きつけられた気がしました。
ノーコードデザインがこれからさらに進化し
従来のコードを用いる技術に追いついたら
他との差別化を行えるwebデザイナーだけが
今後、生き残っていくのかもしれませんね。
そこには報酬の差という名の順位付けが待っています。

ノーコードデザインの技術進化によって
ふるいにかけられるのは、自分なのか。
おっと、暗い予想はやめておきましょう。
いずれにしても勉強は続けていきます。

世の中のサイトがすべてお洒落になったら
(もうすでにそんな感じですけども)
ユーザーは次、どこに価値を見出すでしょうか。
それがわかったら苦労しないですね(笑)。

さじ