ゆるっと広告業界

デザイナーのきまぐれ。

ドットインストール無料登録しました。

こんばんは、さじです。

これからのデザイナーに必要なhtmlを学び
web案件にも自信を持とう!をテーマに学習中です。
本を読むだけではわかった気になるだけなので
やはり、実践あるのみであることは明白。

AdobeにはDreamweaverという
webサイト作成に最強のツールがあるんですが
駆け出しが学ぶにはやや出来る事が多すぎて
htmlとCSSだけでいいんだよねというわがままで
何か良い練習媒体はないか探していました。

「無料」「わかりやすい」「信頼」の3つから
だいたい名前が出てくるのは、こちらの2つ。

prog-8.com

dotinstall.com

 

どちらも、初心者レベルまでは無料で使えます。
評判もそこそこ良いのでどちらにしようかなと。

Progateはブラウザ上で学ぶタイプです。
画面が分割され、手順と作業場、プレビューが
一体となっています。
もし、初心者でちょっとやってみたいだけならば
Progateが良いのかもしれません。
アプリもあるのでiPhoneに入れてみようかな。

ドットインストールは、動画視聴です。
実際にテキストエディタを自分のパソコンに
インストールする必要もあります。
すでに他のエディタに使い慣れている人ですと
これは嫌かもしれませんね。
逆に、何にしよう?と考えていた自分は
じゃあこれ入れるか、と安直に受け入れられます。
(既に候補に挙げていたVSCodeでした)

という事で、ドットインストールを無料登録。
登録しなくても無料配信分はそのまま見れます。
気になる動画ですが、なんと、各2~3分。
ちょっと進んでは終わりなのですが、
若い人にはもどかしいかも。
特に問題が起こらなければ、サクサクと1日で
無料分は終わってしまうほどの軽い作りとなってます。

自分の場合、問題が起こったため足掛け3日時点で
15本ほど視聴しました。
ざっくりと様子を再現しますと、こんな感じです。

1.無料登録(登録はしなくても大丈夫)
2.VSCodeをインストール(これも動画あり)
3.VSCodeの設定(動画あり)
4.html実践(ポートフォリオを作っていきます)

サンプルに使用する画像などの材料も
無料でダウンロード出来るので手間いらずです。

自分が起こしたトラブルですが、
初心者にありがちなコードの書きミスでした。
動画に沿って書いていくのですが
ちょっとした手違いで消してしまったり
入れ子がうまく行ってなかったりが発生します。

有料登録すればサポートがあるのですが
無料にはありません。
なので、自己解決を目指さないといけません。
(時間の無駄だと思われる方は有料がいいかも)

完全に積んだ。。と思ったその時、
動画の下の方に無料会員にも神救済のサービスが。
お手本と自分のコードの比較が出来るんです!

f:id:conasaji:20210223162219p:plain


違うところを教えてくれるので
これで自分のミスに気づいて修正したら
無事にお手本通りにプレビューできました。
見慣れていないと違和感に気付きにくいので
大変貴重な機能ですね。
※上記画像はサンプルです。

今回のようなちょっとしたミス程度ならば
なんとかなりそうな様子でした。
さらに複雑な疑問が発生した場合には
独学ですと誰にも聞けないので挫折しがちです。
調べる根性と手間を考えれば
1ヶ月だけ有料登録(税込1080円)するなどが
もしかしたら効率はいいかもですね。

VSCodeは愛用するプロも多いエディタなので
ドットインストール以外でも使えます。
html基礎を仕上げたらcss基礎を学んで
JavaScript基礎までを無料でなぞったら
こちらは一旦終了しようと思います。

そのあとはAmazonのKindleUnlimitedを登録して
この辺りで実践練習を積もうかな?

 
KindleUnlimitedが今、2ヶ月299円なんだそうで。
月150円で読み放題は大きいですね。
他の本読んじゃうかも(笑)。

さじ

 

 

トラッキング許可の話。

こんばんは、さじです。

iPhone8のiOSをアップデートしたらアプリの起動時にトラッキング許可を聞かれるようになりました。
少し前に出ていたニュースですがこれのせい?

www.itmedia.co.jp

 

この記事の中でAppleの強行姿勢が伺えますが同時にアプリ事業者、広告主からは反発の声も聞かれていました。広告収入が激減すると思われたからですね。

 

広告は誰のため?

そもそも、広告はユーザーの嗜好に合わせて適切なものだけを厳選して配信された方がユーザーは幸せ。アプリ事業者もクリック収入を得られて幸せ。Cookieが行う情報収集を悪用することがない前提です。

広告業側からするといかに踏んでもらうかを頭を捻っている訳で、それがCTR(クリック率)に影響が出ます。どんなにアイデアを練られた良い広告でもユーザーの嗜好にマッチしていなければ無意味です。

Appleとしてはユーザーの選択の自由に舵を切った訳でその企業姿勢はらしいっちゃらしいんですが、事業者側からするとアプリのトラッキング拒否が増えたらたまったもんじゃない訳です。中小事業者は広告収入で開発コストを賄う事情があります。

というのがアプリ事業者、広告主側から見た様子。
ユーザーとしてはどうなのか?

 

選択はユーザーのため?

自分が使っているiPhoneには、ニュースアプリ、ショッピング系、カルチャー系アプリ。SNSはLINEとTwitterはてなブログなど。量は普通かなと思います。

これらを使う時に、これまではwebサイトを横断して履歴を集める許可をインストール時に押し付けられていました(許可しないと使えないのかまでは未確認でしたが)。ユーザーからすれば、アプリを使いたい訳なので、OK以外の選択はなかったですよね。それによって広告はどう反映されていたのかと言いますと、以下の感じです。最も使用頻度が高いのがYahooニュースアプリとYahooアプリなので、恥ずかしながら一例を挙げてみます。

 

Yahooニュースアプリで「T、前年度比収益倍増」を読む
    ↓
「T」ってなんだ?Yahooアプリで検索
    ↓
葬儀屋さんだと知る
    ↓
大きな組織なのか?トップページと会社概要を見る

 

この一連のサイト横断により「こいつは葬儀を調べているんだな」と勝手に推測され、それに関連してYahooニュースアプリのネイティブ広告*やターゲティング**広告に組み込まれてきます。
*ネイティブ広告:記事のような形態で掲載されることでクリックを誘導する広告
**ターゲティング広告:サイトの閲覧履歴からユーザーに適した広告を配信する手法

これで本当に葬儀屋さんを調べていたのであればさして問題ない訳ですが、今回のように単になんだ?と調べただけでも葬儀関連の広告が入ってしまうようになると、いや違うから、とツッコミ入れたくなるのはどなたも経験があるのではないでしょうか。

 

広告は邪魔?

しかし、興味を持って調べていたことであれば、広告も役に立つものです。過去最も優れたパフォーマンスだと感じたオンラインイベントの広告を例にします。通常オンラインイベントの告知は関心があってもユーザー登録したり自ら調べに行かないと知り得ない情報です。購読記事に表示される機会があり、興味深くクリックし参加登録をすることができました。トラッキング横断許可のファインプレーです。

こんなことがあると、やはりCookieの許可、トラッキング許可を行った方が、ユーザーの利益なのではないか、と感じたんです。

Appleとしては追跡されている事実を明確にすべき、というスタンスですね。自分の嗜好、傾向が収集、分析されることに危機感や嫌悪感を持つ人も多いでしょうし、アプリによってはセキュリティに甘さを感じる場合もあります。サードパーティーCookieには穴が多いとも聞きます。

Yahooニュースアプリが冒頭の記事の影響によるユーザーへの通知を行ってきたので、試しに「許可しない」を選択してみました。他で得た情報を反映しないとどんな広告が載せられることになるのかの実験です。

結果は予想できるかと思います。以前に収集された内容で配信されてはいますが、トラッキング許可を拒否した以降は検索サイトでの検索内容は反映されなくなりました。それによってユーザーである自分への影響と感想は以下です。

 

影響1.

同じ広告ばかりが入るようになる。(自分の場合、漫画とクレジットカードが多い。以前アプリをインストールしたりクレジットカードの比較をしたから?)

 

影響2.

ユーザーの嗜好を探るのに困るのか広告が貧弱になる。大手通信各社の広告などが増える。「スマホを使用している」というくくりしか得られなかった?)

 

感想

面白くないし飽きる。

 

ラッキングどうする?

特別困ることでもないし、嫌な広告は排除すればいいので(Yahooの広告は配信停止ボタンがあります)トラッキングは許可し直しておきました。おかげでバラエティ豊か。自分の場合は広告も情報収集のひとつという判断です。職業柄もあるかもです。

Appleがメスを入れたことによって、質の良い広告、サイト、アプリが増えることを願います。妙な悪徳広告を配信してきたツケが回ってきたと思えば業界全体で取り組むべき課題です。一時期偽物ブランドやらセクシー路線満開のゲーム広告など酷かったですからね。ブログでアフィリエイトを行う場合も、目先の収益に惑わされず、気をつけることが望ましいようです。フィッシングサイトに誘導なんかした日には読者に申し訳ないですもんね。

考え方は人それぞれですし、今回は大手アプリの場合ですので、トラッキング許可については各々でご判断くださいませ。Appleもそれが目的だったのかなと思います。



さじ

 

人類はウイルスに勝つのか。

こんばんは、さじです。

 

引き続き自粛生活のほぼ外出しない都民ですが

気の緩んだ世の中を大人数で報道するニュースを

ヤレヤレと見つめてます。

2500人まで増えた感染者が400人弱まで減ったのは

単に緩んでた気を締め直したからですよね。

まあ大丈夫やろ?からヤバくね?に変化した

住民の意識以外の何ものでもないと思います。

あれやこれや言われてはいますが

緊急事態宣言の効果じゃないでしょうか。

 

ワクチンの接種も始まりました。

過去副反応があったり基礎疾患があれば

躊躇したり怖いなと思う気持ちは大事です。

よく考えて、リスクをどちらに振るのかの

決断が必要になりますね。

 

自分はほぼ健康体で来ましたが

実は喫煙体質なので感染は困ります。

困るどころか、感染したら死ぬんじゃないか?と

おそらく同年代の平均より気をつけています。

(辞めりゃいいじゃないかは喫煙者には雑音です)

 

で、もちろんそれもあって人一倍自粛してますが

どうしても行きたいところがあるのです。

近くて遠い、埼玉の両親のところですね。

もう一年以上会ってないので顔を見たい。

姉夫婦が同居してるので生活に不安はないですが

歳なので気がかりですよね。

 

先日電話したときに母が言いました。

もう少しだね。まだ来ちゃダメだよ。

そうなんです。母と自分は考え方が似てるので

感染リスクは避ける方針です。

 

姪は割と大きな病院のソーシャルワーカーです。

電車通勤の医療関係。

両親は同居の姪が万一感染して自分たちに感染し、

それを他の人にうつすわけにいかないからと

人付き合いも距離をとっているらしいです。

友だちは年寄りばかりだからね、と

まったく頭が下がります。

 

そんなこともあって、一年会わないでいると

何も心配のない頃にもっと会いに行けばよかったと

後悔することがたびたび過ぎります。

忙しさにかまけていた自分がまったく腹立たしい。

 

さて、ワクチンは皆さん怖いですか。

自分は順番が来たらすぐ打ちます。

早く会いたいですからね。

 

さじ

世界名作劇場イチオシ作。

こんばんは、さじです。

世界名作劇場といえば、優良なアニメ番組でしたが
自分は子どもの頃は同時間帯にやっていた
ヤンヤン歌うスタジオ」というアイドル番組を
姉の選択により観ていました。
従姉妹が遊びに来た際に初めて見させられた記憶。

大人になり、子どもが成長して来て
ビデオ屋さんで借りてくる機会が生まれ、
手始めに見覚えのあった「フローネ」を
借りてきたのだったと思います。

子どもに付き合って見ているうちに
ん?これ面白いなと思い始め
それ以後何種類かアニメを観ました。

まあ、御託はともかく、面白かったと思う
名作劇場を書き残そう!というのが
今日のテーマです。
あらすじを書きましたが自分視点なので
本来のあらすじはdアニメ様で確認できますので
気になった方はこちらも要チェックです。

anime.dmkt-sp.jp

 

 \3位/
家族ロビンソン漂流記
ふしぎな島のフローネ

anime.dmkt-sp.jp

漂流した一家五人が自給自足で無人島生活しながら島からの脱出を図る、というサバイバル伝記です。父親が医師、博識で体力もあり頼れる大黒柱に引き換え、主人公でもあるフローネはお調子者の問題児ですが、「いやいや、お前のせいだろ!」とツッコミを入れながらの視聴が楽しいです。

 

 \2位/
小公女セーラ

anime.dmkt-sp.jp

大金持ちのお嬢様主人公セーラが寄宿学校で父親の破産で無一文になった途端学校や同級生からハブられつつも清く正しく気高く生きる涙ぐましい話です。友だちもできるし心温まるストーリーですよ。いじめっこや教師があんぐりするラストは爽快。ざまあみろ的な。

 

 \1位/
ペリーヌ物語

anime.dmkt-sp.jp

いやね、これ本当に良作なんです。お母さんと二人、インドからフランスへ旅する涙の話に加え、売り払ったロバに瀕死のところを救われ、絶縁状態の祖父の大規模工場へ潜入してからのサクセスストーリー。現代版ドラマででも復活してほしいですね。

 

常世名作劇場というと「ラスカル」とか
「マルコ」とか「フランダース」とかですもんね。
マイナーですが自分はこの辺りよりも
断然面白いと思っています。
心が荒んだ時にはぜひどうぞ。
dアニメは初月無料なんだって。

 

さじ

期間限定ブログのお知らせ。

こんばんは、さじです。


時間のない人でも5秒で読める(見られる)
ゆるっと広告改め、いぬっと一言の
サブブログを始めたのでお知らせです。

 

きっかけはブログ仲間のなお吉さんに、
たまには犬のブログ書いてよ、と言われまして
そうそう犬ネタも転がってませんで
Twitterみたいな短文。はたまた
YouTubeでいうところのshort。みたいな。
そんなブログもいいかなと思い至りました。
短いブログで時間がかからない分、
集約する能力でも鍛えようと思います。

 

こちらは期間限定になりますが
2月いっぱいを目安とした読み切りタイプです。
短い期間なので登録はアレですが
サブブログは購読が伸びないという噂なので
内容が薄い分、Twitter民にいいかなあと
ツイートで更新お知らせするようにしてます。
月曜から土曜の20時頃の更新です。
見かけたらTwitterからチラ見だけでも
どうぞよろしくお願いいたします。

 

followconasaji.hatenablog.com

 

 

さじ

IT用語の本。

こんばんは、さじです。

 

昔からIT用語に苦手意識のある自分ですが
心強い味方を見つけました。
先月本屋で買ったこれなんですけどね。
 

IT用語図鑑 ビジネスで使える厳選キーワード256

実用書 IT用語図鑑 ビジネスで使える厳選キーワード256
価格 1,980円(Kindle版1,782円)
仕様/ページ数 ソフトカバー/296ページ
著者/出版社 増井 敏克/翔泳社
発行 2019年5月

発行が少し古いんですが、ここ数年で世に氾濫した
IT用語(以外も?)を簡潔にまとめています。
1ページに一語ずつの簡単な説明です。

 

ところで、IT用語と一口に言っても
ITって何なの?と思いませんか。
information technologyの略なんですって。
情報技術と直訳しますが
用語をどんどん増やす、困った分野です。

 

IT業界に勤める人、これから学ぶ人には
物足りないと思いますが、
著者の言にもあるように他業界にお勤めの方で
ビジネストークの話題で相づち打てるくらいに
知っておきたい一般向けの内容だと思います。
自分のようなセキュリティとかネットワークとか
チンプンカンプンなんだけども、
仕事で知ってないといけない人には程よいです。
そもそも、IT関連業って複雑すぎて
何やってるのか謎すぎじゃないですか。

 

Amazonのレビューでも見かけましたが
略語の正式名称が巻末なんですよね。
この小さい文字でいいから各ページに欲しかった。
記憶に定着させるのに大事なポイントなんです。
制作した際の都合なんでしょうかね、
これ必要じゃん?と後から付け足した感があります。

 

これまで知らない用語は検索で調べてましたが
すとん、と入ってくるには至らず、
まあ、ごちゃごちゃ書かれすぎて
その中からさらに用語を調べているうちに
最初の検索目標が行方不明になってました。

 

用語以外もあるので、少しだけご紹介しますね。
(試し読みの目次でも見られます)

 「IT業界で知っておくべき人物」

wwwの父 ティム・バーナーズ=リー
Linux開発者 リーナス・トーバルズ
Google創業者 ラリー・ペイジセルゲイ・ブリン

ご存知でしたか?
自分、ゲイツジョブズくらいしか。。
wwwの誕生が1990年って最近やん、
Linuxはリーナスから来たんだねと知りました。
あと、Google創始者の二人が1973年生まれと知り
同世代ということに驚きを隠せません。
そんな雑学も手に入りました。

 

この章以外は用語の図鑑なので、
読み物というよりは辞書代わりに使ってます。
ちなみに次気になるのは同じ著者のこれですね。
中古本で到着待ち。2017年発行のまた古い本です。
「図鑑」のキーワードに自分は弱いようです。

 

プログラミング言語図鑑

 

IT、プログラミングを紙の本で読むというアナログ。
はたから見たらシュールですね(笑)。

 

さじ

 

\LSSさんの見たまま表作成ツールはこちら/

【まだ作りかけ】<table>タグを書き出すツール【未完成】 - Little Strange Software

ノーコードのデザイン。

こんばんは、さじです。

 

基礎は本で、新しい情報はTwitterで収集の
48歳新人webデザイナーでございます。

 

ところで、1か月ほど前にTwitterサブアカウント
ノーコードデザインという言葉に出会いました。

studio.design


文字通り、コードなしでデザインができるという
WordPressの簡易版、いや進化版のような感じ?
こちらで紹介されている作業の動画を見ると
ドロー系アプリケーションのような編集画面で
WordやPowerPointのように写真や文字も
ボックスを用いて手軽に配置できてしまいます。
また、ふわっとした動きなども直感的なツールで
よりイメージしながら実装できるようです。
プレビューもすべて一つの画面上で完結してます。

大昔(今の小中学校もそうですね)
イラストや写真を切って(今でいうトリミング)
台紙に貼って発表用の資料とか作りませんでした?
そんな感じです。誰にでも出来そうな。

ブログのように文字がメインだとはてなのようなサービスが書く方も読む方もベストですが
ポートフォリオ(作品集)をwebで作りたい人や
地域イベントのような資金にゆとりのないサイトには
ぴったりのサービスだなあ、と思いました。

webデザインはデザインだけでなく
コーディング知識もないといけないことが
身にしみて来た今日この頃です。
コードを書けることが重要ではなく
どういったアクションが行われるのかを意味付けした
マークアップ工程なるものを理解していることが
webデザイナーには必要だということです。

もちろんデザインからコーディングまでのすべてを
スピーディーに行えるデザイナーは最強です。
アプリケーションやツールの発達で
デザイナーのやること、増える増える。
かつて、写植版下からDTPに移行した際の
これまで製版が行っていた写真の処理などの
手作業工程が増えたことを彷彿とさせます。
注:DTP以前は指示だけで製版が調整をしたがDTPでは画像に関する調整はデザイナーの作業となった。


webデザインの世界でも同様に
デザインとコーディングは別、の状況も
そろそろ境界が失われつつあります。
自分もこのままだと、コーディング専門の
コードは爆速で書けるけどデザインは出来ないという
貴重な人材にコバンザメ化するしかありません。
(今がそうですけども)

ノーコードデザインはまだ発展途上のようで
凝ったこと、捻りのあることは今後に期待とのこと。
似通いつつも見苦しさのないお洒落なサイトを
コードを書くこともなく作成できるので
デザイナーだけで完結できることになります。
グラフィックの知識、配色バランス、
ページ構成のレイアウトなど、DTPで培った能力が
試される時がまもなく来るようです。

ただし、このサービスと同じことができるだけでは
webデザイナーとして生き残るのは難しいことを
突きつけられた気がしました。
ノーコードデザインがこれからさらに進化し
従来のコードを用いる技術に追いついたら
他との差別化を行えるwebデザイナーだけが
今後、生き残っていくのかもしれませんね。
そこには報酬の差という名の順位付けが待っています。

ノーコードデザインの技術進化によって
ふるいにかけられるのは、自分なのか。
おっと、暗い予想はやめておきましょう。
いずれにしても勉強は続けていきます。

世の中のサイトがすべてお洒落になったら
(もうすでにそんな感じですけども)
ユーザーは次、どこに価値を見出すでしょうか。
それがわかったら苦労しないですね(笑)。

さじ