ゆるっと広告業界

デザイナーのあれこれ。

デザイナーの育児。

こんばんは、さじです。

 

受験シーズン真っ只中ですね。

高校受験、大学受験、国家試験。

自分の周辺でもざわざわしております。

みんなそろそろ、決まったのでしょうか。

こちらから聞けなくて困っております(笑)。

 

かくいう自分のところにも先日、

桜が咲いた報告がやってまいりました。

本人の希望の建築系の学部です。

ホッとしました。

 

大学の学費は非常に高いので、二人被ると

自分の稼ぎをまるまる持っていかれてしまいます。

こんなに金がかかるとは。。

自分も似たような金額を親に出してもらっていた訳ですから

世の中の親はいつの時代もがんばってます(笑)。

 

とりあえず、勉強から解放されたので

本とゲームを買っていいかと尋ねられました。

君のお支払いなら問題は無い、好きにするが良い。

amazonで2冊、プレステで1つ、買ったようです。

 

自らゲーム断ちしてたので、去年発売されたゲームのうち

どれを選ぶのかちょっと気になりましたが

まあ、予想通り、昔から長く続けている

シューティングの最新版を買ってました。

なぜ、それが良いのかと聞きますと、

背景や建築物の映像が好みだということでした。

 

amazonで買った本はどちらもイラストの本でした。

建築物や街、景色の描写が参考になるからだというので

ゲームも本も、自分と似たような選び方で

可笑しくなりました。

DNAは紛れもなく受け継がれたようです(笑)。

 

大学生になったら、勉強をたくさんしたい。

コンペにも出したい。

英語を話せるようになって海外の建築物を見にいきたい。

バイクの免許をとって、綺麗な景色を眺めたい。

体を鍛えて将来の仕事に備えたい。

 

と、受験勉強の合間に聞いていました。

自分の時とは時代が変わったなあ。

とかく遊びに中心を持って行っていた学生のイメージが

現代の子たちはゆとりやらさとりやら言われているのに

ちゃんと目的を持った進学をしているのですね。

 

事故とトラブルには気をつけてね!と

自分の身を守ることを口煩く言い

あとは他人に迷惑のかからない範囲で

自由に自分のやりたいことをやってほしいと願うだけの

デザイナーの育児は終わりが近いです。

いずれ、デザイン談議でも出来るかもしれないと思うと

このあともまた、楽しみです。

 

さじ

ご褒美、ご褒美。

こんばんは、さじです。

 

雑記です。

昨晩、テレビでクイズ番組を見ていたら

これ、答えはウズベキスタンじゃない?と頭に浮かびまして

結果、間違いだったのですが、なんでそう思ったのかなと。

まず、クイズの内容から(笑)。 

Q.アラジンと魔法のランプの舞台は現在のどこの国か?

A.中国

 だそうです。

中東はひっかけでアジアな気がしたので

あのへん?と中東の北東側のアジアを想像しました。

中国、という正解も意外ですが、それよりも。

 

ウズベキスタン自体、詳しくもなく

最近何かで見た覚えもありません。

アフガニスタンのお隣ということもわかってませんでした。

なぜ、ウズベキスタンが出てきたのか?謎すぎです。

 

ウズベキスタンを画像検索しますと

とても綺麗なブルーの建築物が出てきます。

知らなかったとはいえ、なんて美しい街なのでしょう。

アラブの建築や食器などの小物が並ぶ店先。

彩りも美しく、鮮やかです。

 

アラジンをイメージしますと、砂漠のような谷間や

乾いた空気、暑い昼間、寒い夜。

想像はディズニーから始まったのですが

なぜか途中からハクション大魔王に変わってました。

あれ?と、ちょっとズレたので頭を修正します。

 

そうそう、ジャスミン、黒髪に小麦色の肌。

魅力的なまつげ。。と、今度はアクビちゃんに変化。

ダメです、修復不可能。

もう、いいや、ハクション大魔王で。

 

彼らの服も民族調で素敵です。

あのランプはどこで手に入ったんだろう?

Wiki先生が、部屋の押し入れの屋根裏部屋と回答。

うーん、リアルタイムで見ていた訳ではないからか

正直、あらすじをよんでもしっくりきません。

いつしか、古いアニメを追う暇つぶし時間となってました。

 

呑気にテレビを観て、アニメの歴史を辿っていたら

すっかり夜も更けてきたので

ウズベキスタンの街並み画像を眺めながら

眠りにつくとしました。

 

なんて、幸せな夜でしょう(笑)。

週の終わりは自分のご褒美の

一見無駄な10分、15分が必要です。

 

さじ

 

f:id:conasaji:20200215202614j:plain

LoggaWigglerによるPixabayからの画像

イベント装飾。

こんばんは、さじです。

 

今日はバレンタインなのでイベント装飾の話にします。

色気のない話題ですみません(笑)。

 

広告代理店勤務だった頃、バレンタインコーナーの

装飾デザインを頼まれたことがありました。

売り場イメージの作成です。

下書きのイラストに色をつけて、ご提案。

たどたどしく線画を描いて、色鉛筆で塗って納品でした。

売り場の完成は写真で見たのですが

おお、自分の絵の通り!と嬉しかったです(笑)。

 

今ではビジネスイベントの壁面装飾を請け負います。

大きな会場ですと、15メートル超えの大型になります。

データ作成も大変ですが、それを組み立てる大工さんも

会場を借りている時間との闘いですので

1日足らずの急ピッチで作り上げているようです。

せっかく作ったのにすぐ壊すのもったいない。。と

残らない工作物の制作は、デザイナーと大工さんともに

少し切ない気分にもなりますね。

 

大型装飾は、図面に設置イメージを入れ込んで

クライアントと詰めていきます。

デザインは原寸で作りますが

イラレは最大アートボードがたしか5メートルだかで

超えると分割して制作しなければいけません。

天地はせいぜい2〜3メートルですが

左右が12メートル位ありますと、3分割で作成します。

 

ただし、クライアントに設置イメージを

見せなければいけませんので、

これは、イラレイラレに配置して作成します。

通常、図面を図面屋さんが作成してますので

そのpdfデータをもらい、aiで開いて

図面の縮尺と同じに原寸デザインデータを配置します。

 

このやり方ですと、修正はデザインデータを元に行えて

修正する度にイメージも更新できます。

校了後にデータを拡大する必要もないため、

画像の解像度なども予め確認して進められます。

壁面などの大型になりますと、この方法がミスが少なく

急ぎの時は確実だということでした。

 

この大型装飾、問題はデータの保存です。

時間がかかり、待ち時間に危うく寝落ちそうになると

部長がこぼしていました。

大詰めの深夜作業は、部長にお任せです(笑)。

 

イベント装飾は機会があれば色々見ておいてほしいです。

実際に飾られている完成品を見て

それがデザイナーが作っていることを感じながらみることが

自分がいざ、作る段階になったときに役立つと思います。

 

下の方は文字も見えにくいんだな、とか

これくらいの文字ならこの距離で見えるんだな、とか

自分もイベントに出向いた時は、色々な角度から

壁面を舐め回します(笑)。

 

もしかしたら。

読んでくださってる方がたまたま行ったイベントに

自分たちが手がけた壁面装飾があるかもです。

徹夜の力作ですので、ちょっと立ち止まって見てくれたら

デザイナーと大工さんが報われます。

 

さじ

 

広告代理店って何?。

こんばんは、さじです。

 

ちょっと寄り道です。

デザイナーをしているという話になると、

広告代理店って、結局なんなの?と聞かれます。

広告の代理というのがピンと来ないようです。

新聞社なら新聞を作る、印刷会社なら印刷をすると

わかりやすい業務と違い、代理店ってどうゆうこと?と

自分も昔は思っていました。

 

そもそも、広告の定義が広いんですよね。

世の中の様々な企業やお店が

物を売る、サービスを売るためのことから

社会貢献の非営利団体や政治家では

こんなことを目指しています、といった活動を

PRすることも広告の範囲みたいです。

 

普通思いつくのは、折り込みチラシや雑誌など

今でしたらスマホで画面を占領するバナーが

一番身近ですかね。テレビCMなどもです。

世に知らしめることが広告。

 

広告代理店の役目で最もわかりやすいのが、

ある会社が、うちの会社の製品をもっと売りたい!と

考えたとき。

チラシを作りたいなら印刷会社に直接頼めばいいですが

チラシ?スマホ?中吊り広告?と思ったら

自社で広告部門にあたる子会社でももたない限り

どう売り出すのが良いのか、どこで制作すればいいのか

判断できませんよね。

そういった相談に乗ってくれて、

こんな方法もありますよ、このやり方がいいですよ、と

アドバイスと提案と計画を遂行して手配してくれるのが

広告代理店となります。

 

この広告代理店の営業活動によって生まれた業務のひとつが

自分たちのような、印刷会社や制作会社の

デザイナーに回ってきます。

代理店によっては、デザイナーを抱えるところもいますが

最近は営業だけの代理店も目立ってきました。

 

外注を駆使して、印刷を通販で、などでも

サイクルが完成しますから、問題ないようです。

そういった代理店から各業務の個人事務所へ

仕事が振られるようになれば

もはや、中規模印刷会社は要らないのかも。。と

少し怖い、現実的な近い未来の話。

 

DTP技術だけでなく、自分の出来ることを増やして

ここに頼めばなんとかなる、と思ってもらえるような

制作者でいれたらいいなあと思いつつ

webと動画弄りと、ほぼ遊びの撮影とを身につけるのは

間違ってないよねと自分を励まします(笑)。

 

さじ

 

 

朝からセクシー。

こんばんは、さじです。

 

何度か書いたような、書いてないような記憶ですが

車通勤なので、毎日基本、歌っています。

音源はスマホamazon musicから

Bluetoothでカーオーディオに飛ばしています。

大した距離じゃないので、せいぜい5曲。

朝の散歩にもイヤホンで聴いてますので

amazonセレクトのマルーン5が1日約2周します。

 

そう、マルーン5

ここ数ヶ月のお気に入りボイスです。

これがですね、なかなかの異質な声でして。

日本語が聴き取れないサザンのように、

英語が聴きとれない、聴きとりにくい歌い方をします。

 

ちなみに、自分、英語は喋れませんので

耳から聴いたのをそのまま覚えて歌っています。

車内はひとりですし、誰も間違いを指摘しませんので

お気楽なんちゃって英語です。

 

で、その中に、どうしても聞き取れない歌詞が

よく出てきます。

あまり深く考えずに歌詞をあてているもので

ふと、ん?これなんて言ってんだろう?と

気になったわけです。

 

曲名を検索すると、マルーン5は有名なので

歌詞と和訳が出てきます。

そして知る、歌詞の意味。エロイ。。

まあね、セクシーな声質だし。。

うむ、似合うからいいか!と流すものの

意味を知ってしまうと、非常に歌いにくい。

誰も聴いてないから別にいいんですけどね(笑)。

 

こういったことが、実はよくありまして

自分はロックやパンクも好きなのでよく歌ってますが

このあたりは、暴力表現、反社会表現が多いのです。

人前で口にしてはいけないフレーズも度々登場しますし、

YouTubeでは消される部分もあります。

日本語の歌詞であれば曲と歌詞がセットで耳に入るので

好き嫌いも歌詞に左右されますが

洋楽の場合は、まず音と声が好きになってしまうので

判断が遅れます。というか出来ません。

 

先のマルーン5しかり、ロックバンドしかり、

音や声でファンになる自分のような者は

人前で歌う前に、和訳歌詞のチェックが必要だなと

カラオケでは歌わないようにしよう。。と思いました。

でも、これこそ、音楽の本当のファンなのでは?と

自分のストライクゾーンボイスは

今後もたぶん、変わりません(笑)。

 

さじ

 

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽
by ホンダアクセス

ノベルティ制作。

こんばんは、さじです。

 

引き続き、制作業を目指す新人さんのための

今日はグッズ関連ミニうんちくです。

 

イベントにつきもののノベルティですが

近年ますます多様化しています。

ノベルティ制作専門の業者がありますが

企業から直接そこに頼むのは稀です。

代理店や印刷会社の営業が提案して

ゴーが出たらこちらで制作、業者に発注となります。

 

ネックストラップ、ボールペン、ピンバッジなどが

自分の会社にはよく依頼されます。

デザインは正直、大したものは好まれません。

社名とロゴ、ブランドカラーのみの

シンプルなものが選ばれます。

大きい企業ほど、その傾向が強いです。

ただ、こちらも職業ですので

色々とアイデアを練って色々なパターンを提案します。

いつか企業のお偉いさんが選んでくれるかもです(笑)。

 

データ作成は簡単です。

ノベルティはほとんどがテンプレート使用です。

代理店や営業が探した専門業者に言うと

大体送ってもらえます。

逆に言えば、無い場合はこちらで

トンボ付きのデータを作るだけで大丈夫です。

業者がイメージを送ってきてくれることもあります。

これに、デザインを別レイヤーか指定レイヤーに置いて

色指定すれば完成です。

データ制作は簡単ですが仕上がりまでには時間がかかるので

ゆとりを持った入稿、納品スケジュールが大事です。

物によっては海外で作られることもあります。

 

先述の他にも制作経験があるのは、

うちわ、ボックスティッシュ、お菓子、ペットボトル、

エコバッグ、タオル、Tシャツ、マグカップ、などなど。

年末や年度末の予算使い切りにも発注がかかります。

どれも、データ制作は似たようなものですので

新人さんにもおすすめ業務です。

専門業者ごとに必ず制作上の注意がついてきます。

めんどくさい。。と読まないで入稿すると

ここまでしか印刷出来ない!(うちわ)

柄が左右対称に出来ない!(ストラップ)

などのトラブルが起こりもっとめんどくさいです(笑)。

まあ、これは自分の失敗談です。

最初にちゃんと読むことをおすすめします。

 

ノベルティによっては色の指定が必要なものもあります。

CMYKの4色指定ならば通常通りですが

特色指定ならば、カラーをスウォッチで設定しておきます。

カラーブックからPANTONEやDICをスウォッチに引っ張り

初めからそれで作ると間違いがありません。

企業のロゴ色、規定色は絶対です。

間違いのないようにしたいものです。

 

一番楽しいのは、広い面をデザインできる箱物でしょうか。

Tシャツも縛りがなければ、自由で楽しいです。

密かに自分の好みで作って、選ばれた時のしてやったり感は

良いものです(笑)。

 

さじ

パネル制作。

こんばんは、さじです。

 

春と秋は、イベントシーズンとなります。

イベントと言っても、いわゆる企業展示の

ビジネス向けの技術を披露するためのものです。

IoTなどのITイベント、医療機器の展示イベント、

作っていてもまったく意味がわからないけれども

多分最新技術を用いた製品のイベント。

年間数百日出展している企業もありますから

パネル需要は非常に多いです。

 

パネルはA0、A1サイズが好まれます。

壁面に貼ったり、テーブルに置いたり、台に飾ったりです。

パネルには枠ありと枠なしがありますので

受注時にどちらが希望かを確認します。

 

枠ありを好みますのは、イベントで使い回したり、

イベント終了後に社内に飾るなど

長く使う想定で注文する場合。傷みにくいです。

枠なしを選ぶのは、イベント後に破棄する場合。

フレームが無い方が壊しやすいです。切ない。。

 

枠ありの場合はアルミのフレームに入りますので

データは注意が必要です。

周囲10mmは枠に隠れますので

文字やデザインに影響がないようレイアウトします。

例えば、天側に細いラインなんかを入れてますと

隠れて仕上がりがイメージと変わってしまいます。

またイラストや画像も、枠で隠れては残念。

製品が見切れてしまうなど、もってのほかです。

 

データ制作では、サイズが大きいので画像の解像度は

確認が必要です。

お客様の中には、チラシと同じ内容なのに

パネルの画像は粗くてガッカリ、と

後から言われる方もいます。

なので、ちょっと厳しいかな?というときは

予め、解像度が少し足りないので粗くなりますよ、と

予めお伝えしておくとクレーム対策になります。

ちなみに、パネルはオンデマンド印刷が主流です。

チラシなどのオフセットよりも鮮やかですので

その辺りもお伝えしておくと良いです。

イメージが違う、のクレーム対策です(笑)。

 

パネルはデータが重くなりがちですので

出来るだけこまめに保存して、

万一のクラッシュに備えておくと

デザイナーの心も砕けないで済みます。

 

大判は完成品をみると、テンションが上がります。

自分のモニタで小さく映っていたものが

大きく印刷されるのが、単純に嬉しい。

印刷物の醍醐味です。

 

さじ