ゆるっと広告業界

デザイナーのひねもす。

いや、あれはストレスなんだ。

雑記|1ヶ月苦しんだものもらいと発疹の怖い話

こんばんは、さじです。

夏頃、目にものもらいができて痒いだなんだと言ってましたが、治っては罹り治っては罹りでどうも完治しませんでした。ストレスから来るんだろうと信じてましたが、なんか違うことで困っていたら、アレ?もしや?という駄文です。

困っていたのは、体にできる発疹。赤い虫刺されのような、めちゃくちゃ痒い腫れが毎日一粒ずつ増えていく。で、立て込んでたしこれもストレスなんだろーね、年齢の影響も果てしないよなあ〜と腹を括って痒み止めをぬりぬり誤魔化していました。4、5日すると痒みも治まるし。

しかし、1日ひとつの発疹も毎日だと1ヶ月で30個。主に右の二の腕や太もも、横腹なんですが、左側もちらほら。帯状疱疹だと左右どちらかと以前聞いたので、えー、そりゃ嫌だなーなんて。でも検索すると症状が全然違うんだよね。痛くもないし帯状でもない。痒いけど耐えられないほどでもないし、寝てて目が覚めることもなし。

ある日、一度に3ヶ所出てきました。おっと、急激に増加!(1個が3個だけど)疲れがダメな気がする!早寝しよう。としばらく健やかな睡眠時間を確保。しかし治まらない。

ところでこの発疹、本当にストレスなのか。アレルギー体質ではありませんが、50歳の壁を跨ぐと発症するものなのかも。アレルゲンをカットしてみよう!と好物のえびせんやイカフライをやめてみましたが変わらず。(食事はいいのか?)

元々、食への興味はいろはすくらい薄いので、量も食わないし不味くなければなんでも食べられる。米さえ食えれば他のは別に食べられなくなってもいいや!アレルギー検査でもしてみようと皮膚科を検討。やったことないからちょっと楽しみになってくる。

しかし、ある日を境に、なぜか新たな発疹が出なくなった。思い当たるのは。。折しも涼しくなったので布団とシーツを夏仕様から秋仕様に。アレっ。これはもしや。。ダニか!!??

ダニのことってわざわざ調べたことあります?自分は初めて知りました。ダニって顔や手など露出してるところは刺さずに体の柔らかいところに刺すんですって。服の下の隠れたところがお好みらしい。入ってきて刺して去っていくんだろか?こ、こわっ。

その後、天気も悪く夏布団も洗えず部屋の隅に丸めて置いてあるので、戻ってきてもやだなーなんて。ドラッグストアでダニ避け(退治?)を買ってきて寝床にセット。発疹はすっかり治まった。

てことは、目のものもらい。アレはもしや、ダニの死骸やフン的なものが原因?ひええぇぇ。

いや、目はストレスです。枕に敷くタオルはちゃんと洗ってるもん。違う違う違う。。

ま、真相は不明ですが(確定だろ)、ものもらいや目の痒みも出なくなりました。お布団や枕は清潔にね!今の時期が増えるらしいです。

さじ

インボイスどうすっかね。

フリーランス|脱免税事業者の値上げは可能なのか

こんばんは、さじです。

インボイス制度が来年10月から始まるのに先立ち、インボイス発行事業者になるためには来年3月までの申請が必要になります。これ困ったねえ。世のフリーランスはどうするんだろう。

toyokeizai.net

これ読むと、消費者から消費税分騙し取ってるみたいに聞こえる。免税事業者もピンキリだと思うんですが、30年も制度が放置されてて、その間の相場は「消費税込み額が作業費(または売値)」で暗黙の了解になってきたはず。これまで消費税分ラッキー!と貰ってたわけじゃないんだけど。意識してなくとも消費税分を含めた額を作業費としてやってたのがほとんどだと思う。小規模の小売業だって消費者にはその分還元してるに決まってんじゃん。なんかムカついちゃったわー。

免税事業者を排除するのは良しとしよう。じゃ、免税事業者がこれまで実質作業費として貰ってきた消費税分を、今後納税することを理由に上乗せできるのか?制度として整えてくれなきゃ立場の弱いフリーランスが交渉に勝てるとも思えない。

取引先はフリーランスが消費税は納めてないことなんて承知の上で見積もりを出させている。税込みで出してきた見積もりを外税に変更した場合、自然と値下げの強要が出てくると思う。

ところで、自分の場合、当初から税込みで見積もりを出してきました。例えば、見積もり10万の場合、1.1で割った金額の90909.1円が仮の作業費。消費税を足したら10万。これに代理店の計らいで、源泉所得税10.21%を上乗せ(0.8979で割る)の111,370円が請求額にしてもらえています。振り込むのは、これにかかる源泉所得10.21%11,370円(取引先が納税)を差し引いた10万ちょうどとなる計算です。

この源泉所得税と消費税は逆のパターンの方もいると思います(税込11万で請求、源泉税引いて98,769円振込)が、自分としては「消費税は納税しないので作業費として込み価格で、純粋な作業費とするために源泉所得税は代理店が払ってくれる」という感覚。2〜3割のピンハネがあるのでそこから出してるんだと思う。

元々は、手広くやってるので単価から累計を出すための価格表が複雑になるのを避けるため。こちらも「作業費に消費税分は考慮しない(なぜなら納税しないから)」ということで気持ちよく数字出せるじゃない。ま、単に電話などのやりとりでざっと予算を組める単位が便利。

例を出すと、単価3000円の画像加工費があるとします。6点で見積もり額が18,000円だとわかりやすいけど、外税にすると19,800円とかいう、非常にキリの悪い数字になる。こういう場合、20,000円に切り上げで受け入れるところはあんまない。なんで高くなんの?ってなる。セコイとこだと19,000円に切り下げさせるじゃないですか、ボリュームディスカウントとかいって。

じゃ、単価を消費税込みの3300円にしますと言った場合、キリいい数字にしてよってなる。実質値下げ(の半強要)になりそうなのはこの差額。世の中は物価が上昇してんのに消費税を納税することで収入が減ることになる。

最悪の場合。外税への変更で交渉が成立しないと丸々失注になる。請求額の値上げをしない事業者に仕事が流れるかもしれない。その場合そこの売上はおよそ10%減る。つまり誰も幸せにならない。

フリーランスが消費税分値上げする」のをフリーランスデザイナー全体で一貫したらいいよね。安さを売りにして自分の値を下げるのは未来がない。

ということで、脱免税事業者のフリーランスデザイナーのみんな!値上げしよう!一時的に発注が減るかもしんないけど長い目で見たらプラスになる。値上げしないで価格勝負のとこなんて所詮、そうしないと仕事とれないその程度のもん。実力があれば戻ってくる。

自分は、いざインボイス事業者になったときにはしれっと税別請求に切り替えて口頭見積り* の時の相手のダメージを下げよう作戦。「インボイス発行事業者になったので今後請求書は外税にします」で納得してもらえるように今がんばって信頼を積み上げてる(つもり)。絶対値下げなんかしないぞ。

しかしながら消費税納税の手間もかかるし良いことは全然ない。まだ先だけど来月には申請期限まで半年切るなあ。どーなることやら。

さじ

フリーランス保護でこのへんもちょっと変わりそうですね。制度の審議が始まる。

www.jiji.com

インボイス発行事業者公表サイトが一時停止。当然だと思う。一覧を公表する意味がわからん。事業者番号で検索できるだけでいいじゃんねー。

www.itmedia.co.jp

マネーフォワードのデザイナー向け解説があった。インボイス全然わかんないってデザイナーにいいかも。

biz.moneyforward.com

技術に人が追いつかない現状で。

雑記|その技術進化は本当に必要なのか

こんばんは、さじです。

便利に効率的にとじゃんじゃか進化する世の中ですが、その分トラブルも増えてしまっていて、本当に便利なのか疑問に感じることも多々あります。開発する側と利用する側、どんどん差が離れていく。自分も新しい物事を理解するのが得意ではないんです。慣れるにも時間がかかる。

例えば、店のレジですがセルフと人とどちらも空いてたら迷わず人に向かいます。いちいち考えなくても全部やってくれるので、セルフの機械のご機嫌をとるんだったら、にこやかなお姉さんとお話したい。

と、これはちょっと意味が違いますが。セルフレジのご機嫌とりというのはあながち的外れでもないんじゃないかと。

www.dailyshincho.jp

操作ミスでエラーになるとかでなくても、次に何をしたらいいのかわからないってのが現代の便利機器。何度も使っていれば、もしくはそれしか無くて使わざるを得なければ、人間いくつになっても学び取れるもんです。

しかし、この記事読んでたら、わかるわー、と。自分もちょっともたつくとサッと店員さんが現れて助け船を出してくれます。それには感謝しつつも、やってくれた方が早くね?と感じる自分がいる。

困ってるお客さんがいないか?故障につながる使い方をしていないか?と何人も人員が配置されているところもあります。セルフレジの数と同じだけ人がいたら人件費の削減にはなっていないと思う。

それでも、店舗や本社の命で導入されたお高い機器だし、いずれは人口減少に伴って働く人間も減っていくわけで。最終的に利用者が何もトラブルなく使えるように開発がさらに進み、多くの人が誰でもスムーズに使えるよう工夫されていく。

そして、再び。それを管理できる技術を持った人間が限られてくるんじゃないのか?エラーや故障に対応できる人間は足りるのか?と思ってしまいます。一部の突出した技術者だけが扱える技術は、本当に必要で、便利なんだろうか。

昨今のシステム障害を目にしても、そんなことを考えてしまうのでした。

さじ

エマージェンシーガールズとミスハイスピード。

人間観察|道行く人々にあだ名を付ける

こんばんは、さじです。

下書きが増えたのでしばらく埋没を放出します。最近あんま明るいのが書けないんだよね。スランプかしらー。

帰省で埼玉への移動中、都内のある市を車で通るのですが、ファッショナブルな人に遭遇することが多いです。先日も、えっ?となる歩行者を見て思い出した方がいました。

いつだったかの冬の帰省中、ゴールドなダウンとシルバーなダウンを着た女性二人に目が釘付け。比喩ではありませんで、正に金と銀。年代は意外と若かったような。双子か姉妹、もしかしたら仲良しのお友だちかも。

スゲ〜とついスローダウンしてしまいましたが日本人じゃなかったのかもしれません。アジアンな雰囲気の二人で、よく似合ってましたが何かに似ている。アルミホイルかな。いやもっと柔らかい感じ。なんだろなー。

で、だいぶ過ぎてから防災のエマージェンシー毛布か!と思いつきました。エマージェンシーガールズと名付けよう。

そしてまた先日、今度は黒のビキニ(違うか。ハーフトップ?チューブトップ?わからん。)にピッタリした革っぽいスパッツの女性が恋人らしき男性と歩いていました。暑いけど上はちょっと露出が過ぎないかい?と感じながらも、脚は完全に覆われているし、暑いの?寒いの?見せんの?見せないの?どっちやねん!となった。

で、こちらのお嬢さんも何かに似ている。ツヤっとしたパンツが季節柄インパクトありすぎて出てこない。なんかこう、つい最近見た何か。。

帰省先から引き上げてきた、カバンに突っ込まれたHDMIケーブルが目に入る。あ、これだ!後ろ姿だったので、肌と布の割合が正にHDMIケーブル。手元にあるのはモニターのオマケのケーブルですが、実家に置いてきたケーブルがハイスピードタイプで端子がゴールドだったんですよね。

髪がやや金髪だった気もしてきた。長いポニーテールでしたが。ピッタリした黒のセクシーな下半身がコードなのか。てか、一瞬なのにめっちゃ見てんね(笑)

彼女はミスHDMIにするか、ミスハイスピードにするか悩んでいます。うーん。どっちも捨てがたい。

帰省中の運転時は運転するしかやることがないので見かけたものや考えついたことなど想像力が爆走しますね。しない?それは想像力が足りないのかもしれません。さ、あまり混んでないローカルなまちへレッツゴードライブ。想像力を高めようじゃないか。

さじ

趣味っぽい仕事と、仕事っぽい趣味。

雑記|ある日の日常会話から

こんばんは、さじです。

趣味を仕事にすることが憧れのような話を息子(大学生、建築専攻)が就活に向けて友人としていたという。趣味って何?と聞くと絵を描いたり曲書いたり写真撮ったり?と芸術分野の例が出てきました。

自分が楽しいことで金を儲けようと始めた時点でズレてるんじゃん?芸術を仕事にしてる一握りの人たちはそもそも金儲けの為にそれを始めたわけじゃないんだよ。好きで好きで、やり続けていたら結果金になってしまった、ってことだと思う。

という内容を柔らかく説きましたが「じゃ、YouTubeでも始めるか(笑)」「2年前から言っとるわ(笑)」とその話は終わりました。

勘違いされてるのは、デザイナーの仕事は趣味っぽいってこと。ちゃちゃちゃっと文字や図版をパソコンで配置して簡単そうに見えるんだと思う。ラクそうだよね、と言われることもある。ま、建築物に比べりゃ紙とwebだからね。

特にこの2年半は息子も自宅にいることが多く、延々とフリー画像を見ていたり(注:イメージ画像探し)、寝転がってスマホ見てたり(注:クライアントのサービスについて調べている)、気楽そうな姿を晒していたからそう感じても無理はないよなあ、と。やっぱ、親の働く姿って身近過ぎない方がいいのかも。

親の威厳は皆無だな。。とも思いますが、たまにPhotoshopの使い方なんかを聞かれて即答すると、目が一瞬ハッとなり爽快な面もある。うん、仕事中に寝転がるのは居ない時にしよ。

息子は趣味が創作なので、コツコツとあるものを作り続けています。親の欲目なしにスゲエな!と感嘆する完成度。それが仕事として成り立つかというと、まあないかな。。ま、詳細は「中の人」みたいなところがあるので内緒というか秘密なんですが。。

YouTubeどーたらというのは、その作業風景をアップしたら金になるかもね、っていう、自分が前に言ったことを受けての返しなんで、まずYouTubeデビューなんてしないと確信しています。目立つの嫌いなタイプだし。

それにしても、その趣味の姿をよく家で見るんだけど、仕事っぽいんだよなー、と。本を読み、パソコンとスマホを見て、開いたノートにごちゃごちゃ書き付け「今構想中。」とか言いやがる。だから話しかけないでという暗喩ですが、お前はディレクターか!と突っ込みたくなる雰囲気。ま、趣味だからこそ時間を忘れて夢中になれるというのもある。ちょっと羨ましい。

さじ

足りなさを埋めるコミュニティ。

悩み|フリーのデザイナーに立ちはだかる壁

こんばんは、さじです。

このところ、もう少し視野を広げる必要があるのかもなーと思うことが増えました。今お世話になっている代理店以外の世界も見てみたい。

内部事情を知っているだけにやり易さは抜群ですが、ちょっと物足りなさも感じる今日このごろ。もっと変わったこともしてみたいんだけど、守りに入っているようにも見える。

この2年で営業スタイルにも大変化があったわけだから広告代理店も苦境なんだろうと思う。制作に投げる量に変化はなくても、代理店の企画料は激減してるのかな、とふと感じることがあった。細かい案件が多くて企画に割く人的余裕がないのかもしれません。

で、こんなことを考えるのも、自分に仲間がいないからかなあ、と思って。会社員であれば仲間の目があり案件の種類も豊富、何より制作の横つながりは刺激になっていた。

フリーランス一年目は経験(対企業の)を積むためにコツコツとやってきたんだけど、慣れて効率化のシステム(自分は昔から案件ごとや企業ごとにテンプレや素材集を作る)ができたもんだから、またこれか、と感じるようになってしまった。

ありがたい気持ちは失くしていない。貰えて当然と考えたこともないし、失敗したら失う危機感は常にある。一言で言えばマンネリ。自分も守りに入っていて、またこれか、と思うような面白くないデザインで応じている可能性もあるんだけどひとりではそれも気づけない。

実質的な対価も悪くないし、クライアントは聞こえも良くハクもつく。物足りなさは、自分が請けている内容なんだろうなー、と思います。華やかなメイン案件は滅多に来ないから焦りがあるのかな。

ま、それも自分にそこまでの力がないからなんだけど、二年目のフリーランスはちょいとおセンチに仲間を探し求めていたりします。トップランナーたちが高尚なデザイン談義に集まるようなところじゃなくて、第二集団がわちゃわちゃしてるところ(酒や下品な集まりはやなんだけど)、どっかないかなーとFacebookを覗いたり。

なんか湿っぽいですね。スカッと晴れた秋空でも足しておこう。

f:id:conasaji:20220910221618j:image

季節的に夏の疲れが出てるのかもしれないですね。普段お気楽な人ほど物思う秋。冬には忘れてると思う(笑)

さじ

アニメーション頭脳。

PowerPoint|動画差し込みパワポ制作中の嘆き

こんばんは、さじです。

フリーランスのデザイナーはなんでもやります。技術的なことで、こうこうこうしたい!と頼まれれば調べ上げて提供する生真面目さがウリです。でも、手を出さないできたものもありましてそれは。。

PowerPointのアニメーションです。ブログでもたまにお見かけしますが、凄いなあ!と同時に大変そうだなあ、と思っちゃいます。タイムラインが無いと知ったのが避けてきた理由かも。

しかしとうとう、動画に差し込むPowerPointにアニメーションもつけられる?と聞かれちゃいまして。「できない」と答えたら諦めるかなーと思ってたら、本気で困ってるようで無下に断ることもできず。。

で、勉強しながら作成したのですが、これものすごく頭使う。ナレーションに合わせてアニメーションで動かす順に時間指定をしていくのですが、イメージした動作を遅延や時間の長さを覚えながら数字で指定してかないといけなくて、記憶力との勝負。

でも、担当者の言う「ちょちょいと動けばOK!」ってわけにもいかないよね。見栄えしないと金取れないもん。別撮りの動画を流しながら地道に設定してほんの数カットなのに3時間以上かかってしまいました。わかってはいたけど赤字!前に動画齧ってなかったらもっと足出てたかも。

今、代理店が抱えてる制作陣で動画関連が出来る人が足りないみたいで、たまに業務で見る動画も完成度が低かったりして、そんなに時間かけてらんないからフィックスしちゃってんのかなー、と勝手に思っています。きっと動画編集にかけるお金が足りてないんだと思う。

PowerPointアニメーションもがんばればリズミカルに動くモーショングラフィックスを作れるといいます。自分は流石にそこまでしません(出来ません?)が使いこなす方も中にはいて、参考にしたのはこちらなんですが。

blog.re-presentation.jp

無理無理無理無理(笑)

今回は担当者も凄く喜んでくれたし一通り理解して勉強になったしまあいいか!ですが、義理でやったようなものなのでまた来ても困るな。。と案じています。時間軸に強い頭が欲しい。

さじ