ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

学び舎を求め。

こんばんは、さじです。

 

皆さん学んでますか?大人になると「学ぶ」ことって楽しいと感じるようになりますね。子どもの頃にこの感覚を得られていたらもう少し賢くなっていました。それはさておき、webデザイナーとしてはひよっこなので学びたいことがてんこ盛りです。現状、得たい能力、技術を抜粋して書き出しますと。

 

・html、cssJavaScriptを使いこなしたい

・キービジュアルデザイン(経験値低)

・webマーケティング

・英語(ガイドライン読解程度)

 

学生時代ならまだしもスポンジ吸収の劣化した48歳。今後に必要な最低限の習得に努めたいところです。実はこの4つ、転職活動をしていて突き当たった壁です。これが出来るとかなり有利。入社後にがんばります!を言っていいのは20代までですね。自分の年代では経験値、実績が求められます。いくつか応募しましたが競争率数十倍は流石に厳しそうな。考えることは同じで、フルリモート求人は超人気物件です。

 

今回はDTPデザイナーがwebもできるデザイナーにステップアップするための学びについてまとめています。現代ではさまざまなサービスが溢れているので、選りすぐってこれはということにはお金をかけてでも取り組みたいところです。独学に無理があるのはどれだろう。

 

まず一つ目、html、cssJavaScriptなどコーディング技術。こちらは以前書いたアーカイブ動画視聴のドットインストールを進めたい。月1000円程度ですが毎日1本を3ヶ月、100講座ほど見て実技をするとして、1日30円。毎日うまい棒3本我慢すれば払えます。まだ無料分しかやってないんですけどね、何かと慌ただしくて。言い訳は聞き流してくださいね。

 

キービジュアルデザインというのは例えばイベントやサイトとなるメインデザインのことです。ウェビナー盛況の今、一つのオンラインイベントがあると企業が持つデザイン以外にオリジナルのデザインが発生します。最近ではdocomoが目玉をモチーフにしたイベントの広告がよく入ってきたのを覚えている方も多いかと思いますが、そのようなものです。

誰かに習うものではないですが、デザインの基礎的なことは学生に混じってちょっと聞いてみたいです。美大の社会人向け生涯学習講座などがオンラインで開講されるところもあるようですので注目しております。少しでも人脈が広がれば言うことなしです。

 

学んだところで、の進化スピードの速いwebマーケティング。プロブロガーのそれらしいブログも見かけますが、能力の高いプロのマーケターがそんな記事書く暇があるとも思えません。となると、マーケティング情報を扱うメディアに頼るか、Twitterなどの情報収集か。こういう学びが最も難しい。Facebookなどどこかのコミュニティに属するのも一案ですが、もっと実戦的には地域の商工会で起業系のグループなんかに混ぜてもらうとかですね。また商工会の起業セミナーにでも顔出してみますか。

 

英語。決して苦手意識は無いけれども、過去一度も習得に至っておりません。日常英会話は何かしらの助けがないとできませんがガイドライン読解に必要なのは単語力くらい。子どもが受験で使った単語本は残してありますが目標がないと開きもしません。これはもう、生活として日常ルーティンに取り入れるしかない?iPhoneを開くと強制的に一単語出てくるアプリでも開発してみてはどうだろう。一日中見させられたら覚えるかもしれません。出来れば最初にどんな系列の単語を覚えたいのかを登録できたらいいですね。英文を読み込んだらその中から毎日ひとつずつ出てくるとか。

 

最後は学びではなくアプリ開発の要望になってしまいました。さてさて、今回のお題のもとにもなったUdemyですが、評判はよろしいようで、購読しているブログにもチラホラ出てきます。ちょっと興味あるけど学校に通うほどでもないといった、自分のようなタイプには良い選択肢ですね。見始めるとあれもこれも、と興味が湧いてしまいました。いっそ有料から始めて後に引けない状況を作るか。

 

。。まあ、まずは無料から、が自分は好みです。
5月には新しい学びのご報告ができるかなと思います。

 

さじ