ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

まあサッカーでも観ましょうよ。

こんばんは、さじです。

連休にやろうとしていたブログのリライト、サイトの更新、webマーケティングの勉強。どれひとつとして出来なかったのには理由があります。連休を狙いすましてやってきたヘルプの嵐は自分のプライベートを綺麗に持っていかれました。

ま、仕事じゃないのである意味プライベートですが。自分のプライベートでもないのですが。。身内がらみなのでプライベートですが。。(少々不満)過ぎたことは仕方ありませんが楽しみにしてたオリンピックのサッカーもほとんど観れてないし、なんでやねん!と声高に仕事を再開した週明けでした。

日本、メキシコに勝ったんだな。ちなみに自分は誰が出てるかも知りませんがドイツ推しです。開催が海外の場合、明け方なんかに試合があると自分はとっても観やすいんですが、下手にゴールデンタイムだとまー観られません。来年のワールドカップを楽しみにしよう、と既に意欲が失われかけてますが決勝トーナメントは観たいな。ドイツ上がれるかな。

以前なんかの本で「サイレントマジョリティ」という言葉を知りました。静観する多勢、って感じでしょうか。炎上案件で喚いているのは「ノイジーマイノリティ」(うるさい少数派)であり、「関心がない・どちらでもない・まあいいんじゃないの?」という人はわざわざ主張しないものだ、とのことで。

自分も身の回りで「それは嫌だ」というときはがんばって抵抗します。逆に「いいんじゃない?」ってときはわざわざ賛同を力説などしないで素直に従います。ま、自分の場合のそれって、外食の行き先候補くらいですけど。。あー、ちょっとズレました。

政治や経済への不満や反論をニュースのコメント欄で見るとみんなそう思ってるのか?と勘違いしちゃいそうですがノイジーマイノリティ・サイレントマジョリティの理論を知るとこの人たちはノイジーで自分はサイレントなその他大勢なのだと自分の考えを否定せずに済みます。実際数字でもサイレント勢の浮上が出てますし。

自分は平和を愛するぬるま湯体質なので誰かに楯突くことは滅多にありませんが(楯突いて会社辞めたことはあった気もしますが?)そんなことを思いながらオリンピックの関連記事を楽しんでいるのでした。なんだかんだいってオリンピックやスポーツはいいもんだと思うんです。これってノイジー

さじ