ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

英単語学習を勧めたい理由。

こんばんは、さじです。

webサイト制作で必要になる用語を全力で記憶中です。いちいち「アレなんだっけ?」と調べる手間がめんどくさいので、この場合もはや丸暗記でよしと単語帳を作ろうかと感じています。というのも、英単語が元になっているのは自分にはネックで、やっぱり英語は必要なんだねえ、とヘラヘラ高校時代を過ごしていた若き日の自分の尻を叩きたいと思う今日この頃です。

英語を学んでいたころ「英語圏の人ズルイ!」と思っていました。母国語が世界で通用する言語なのはとても羨ましく、「日本人が英語勉強するのはよしとして、だったら英語圏の人は全員日本語勉強しなよーう」とまあ、誰もが思ったのではないかという記憶を思い出していました。

話を戻すと、英語が元になるタグやプロパティは、単語の意味がわかればもっと覚えやすいので、英語教育や入試、検定用に英単語の暗記をしていたのが非常に役立つと思います。昔覚えたけど忘れたなあという場合でも、一度思い出せばまた覚え直すのは容易いのではないでしょうか。

そう思うと、学生の頃に単語をがんばって覚えた方はタグの習得も早いんだろうなと、そのへんを歩いている中学生に教えてやりたいとよこしまな欲求を抑えています。単語の暗記なんて何に役立つかわからないものですね。ああ、どうして勉強しなかったのだろう。吸収性抜群のスポンジから亀の子たわしになった今、悔やむばかりです。

使っているテキストエディタVScode)は英字の始まりで候補を上げてくれるんですが、講座は手打ちなんです。実作業の時はもう少し手早く書けるかもしれないととりあえず講座のクリア用(もしかしたらwebデザイン検定も受けるかもなのでそれ用に)覚えています。言語が決まっていることがこんなにも不利だとは知りませんでしたね。

叩き込んで覚えるしか選択肢はないんだからこんなとこで愚痴ってないで覚えなよ?昨夜寝る前に書いてた文ですが、意外にまともでしたね(笑)

さじ