ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

WordPressの無料テーマ。

こんばんは、さじです。

 

サーバ検討の真っ最中ですが

ちょっと調べるのに飽き。。疲れたので

楽しそうなテーマの検討に寄り道します。

はてなにもたくさんテーマがあるように

WordPressのテーマも世界中で作られてます。

WordPress自体楽ちんにサイト制作ができますが

それを上回る凄いサポート揃いです。

 

自分もまずは、すでにあるテーマを利用して

作っていきたいと思っています。

はてなのカスタマイズも少しできるようになったので

WordPressも自分好みにしたいですね。

 

で、テーマですが、無料と有料とがあります。

有料はとてもよくできているので便利だそうですが

もちろん、無料を選びたいところです。

日本で人気があるのは、国産テーマだそうです。

自分も説明が日本語じゃないと嫌なので

海外テーマはまずバッサリ切り捨てますね。

 

Lightning(ライトニング)

利点:利用者が多いので検索でダントツ。困ったときはググれば対策が大抵見つかりそう。

 

Saitama(サイタマ)

利点:先日買った本「WordPress超入門」はこちらを元にしているのでそのまま応用できる。

 

Cocoonコクーン

利点:多機能、使い勝手もシンプル、UI良し。これも利用者多めなので安心。

 

yStandard(ワイスタンダード?)

利点:あえてカスタマイズありき。オリジナリティを出したいなら。

 

Luxeritas(ルクセリタス)

利点:サイト表示の高速化、SEO対策を強化。

 

以上、5つが気になります。

一通りそれぞれのサイトを見てきましたら

どのテーマも非常に制作者が丁寧で

レスポンシブ対応、Gutenberg対応は

すでにほぼ完了しているようです。

 

検索イチオシは公式テーマのLightningですが

非公式テーマの下三つもそれぞれ魅力があります。

Cocoonは個人的に好みです。

yStandardは自分のカスタマイズ次第で大変ですが

自分で作った感が味わえそう。

Luxeritasの高速性は忘れてたポイントでした。

時間のないデザイナー向けサイトだと

0.5秒でも、遅いなと感じたら離れますからね。

 

また、テーマの提供表示も考察対象だと思いました。

(フッターに強制的に入れられる、このテーマを

 使ってますっていう英語表記)

yStandardとLuxeritasはこれを消すには

プラグインの購入が必要。

Cocoonは無料で消す、というか変更できます。

まあ、個人サイトならあってもいいかな、ですが

会社のホームページには不要なんだと思います。

 

と、テーマ選びだけでも時間がかかりそうなので

先に調べてみてよかった。。と安堵しています。

明日からはまた仕事なので

多分雑記に戻ります(笑)。

 

さじ

 

デザインの勉強にもなる公式テーマはこちらです↓