ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

rgbがラグビーの略称にみえる件。

こんばんは、さじです。

 

ラグビーの選手をテレビで朝見たせいか

RGBを打ち込む際にふと思っただけの表題です(笑)。

今日もAdobeの講座なので

本日の予約投稿は、制作部だよりと自ら名付けた

制作部のひとりごとをお伝えします。

 

さて、イベントが失速中なので

新規案件も小さな物が多くなっております。

印刷物がまばらになった代わりに

web関連業務が微増してきました。

 

改めて、webの外注さんの請求額を知りまして

膨大な額におののく自分。

ホームページ制作って高いんですね。。

ケタの違いに驚きを隠すどころか

ぎょぎょっとしてしまいました。

いくら?知りたいですか?

ゼロが6つ付く単位です(小声)。

 

自分たち制作部には、メールの土台部分や

webバナーがちらほらやってまいります。

ごくたまに、ランディングページのラフを

イラレで作ったりもします。

 

印刷畑で育った自分には心地よいCMYKですが

webはRGBのカラー設定。

いちいち変えるのがめんどくさいです。

やっと、白黒が#FFFFFFと#000000と覚えたところです。

光の引き算が難しすぎて、予測のつけられないRGB。

少し赤味を強くしたい、グレーがかった色にしたい。

CMYKなら、前者はMを上げるかCを下げる、

後者はKを上げる、と単純なのですが。。

パレットを使わずに数値入力で判断できないか模索中です。

 

ちなみにまったく理屈にないかもですが

自分の色彩感覚は印刷色がベースなので

光を通すネオンカラーが物理的にも心理的にも眩しくて

使い所がわからない!という事実が判明しました。

鮮やかさが劣る鈍い色に慣れすぎたのでしょうか。

慣れない色を扱うと、どきどきします。

 

では、本日はAfter Effectsの無料講座その2です。

アニメーション、イラストを動かしてまいります。

ついていけるか心配です。。

 

さじ