ゆるっと広告業界

デザイナーのあれこれ。

After Effects の登場。

こんばんは、さじです。

 

これを書いているのは日曜の夜です。

月曜にPremier Proの講座があるためストックになります。

初の予約投稿をしてみます。

 

昨夜、Adobeから講座は明日ですよ、と

メールでお知らせが来ました。

はいはい、と本文を読みながら、ふと目についたのが

Aeのアイコン。あれ、これなんだっけな。。

Adobeのアプリケーションなのはわかりますが

ピンと来ません。

が、Adobeサイトで忘れていた名前が出て来ました。

After Effectsです。

 

動画を弄ったりイラストを書く方ならご存知でしょうが

アニメーション、CGの重鎮です。

しまった。。これもなのか。。

もちろん、触ったことなど皆無です。

ということで、またまた予習です(笑)。

今回は時間がありませんので

基本の10歩前、何が出来るのか?から始めます。

Adobeのサイトと解説サイトから。

 

タイトル、エンドロール、テロップ

文字に特殊効果をつけたり、映画のような動く文字のオープニングやエンディング風にできる。

 

アニメーション

作ったキャラクターに骨格を指定してアニメーションにできる。丸などの形を変化させて動かすことができる。

 

CG

映像に光や煙など、特殊効果を使ってカッコイイ画像を簡単に作れる。宇宙空間や煌めきを作れる。

 

映像の短縮

早送り画像のような、映像スピードの調整が簡単にできる。

 

と、理解をまとめました。

Photoshopの動く版。。でしょうか。

初心者でも簡単に作れます!と

いつものように書いてありますがもう騙されません。。

また、用語から学習になりますが、まずはPremier。

欲が出たら?必要だったら?手を出すことにします。

 

さじ