ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

Adobe Animateの基本講座。

こんばんは、さじです。

 

昨晩あったAdobeのことはじめ講座ではまたもや

新しいアプリケーションに突入しました。

そんなに興味はないものの

まあ、とりあえずいつもの先生だし聞いておこうかな〜と

軽い気持ちで申し込みしてありました。

 

そして、CSSの記事を書きながら流し聞き。

のつもりだったのですが。。

まあ、先生の語り口も良いものですから

ついついそっちに目がいく訳ですね(笑)。

そしたら、なんか面白そう。。

 

Animateというので3Dを想像してたのですが

なんか違いました。

Adobe Flash Professionalというのが昔からあるようで

一般向けに改良?進化?したのがAnimateのようです。

とりあえず、これ貼ります。こんな感じの動きですね。


Adobe AnimateCCで作るFLASHアニメ使い方講座のご紹介

 

また、次の動画では作業の様子が見られます。

Adobeの素敵なイメージ動画です!

0:30くらいからおじいさんが自分とキャラクターを連動。


Bring Your Illustrated Characters to Life | Adobe Creative Cloud

 

ね?自分に合わせてしゃべるんです。

これ、元々用意されてるキャラクターも使えるようです。

Vtuberとかいう、最近流行りのキャラによるYouTuberを

簡単に作れちゃうアプリケーションなんですね。

 

仕組みは至って簡単でした(見たかぎりでは)。

自分の顔をカメラで撮りながら顔の部位を記憶させたら

もうそこからキャラクターが動き始めます。

テレビでよく見るアレ、こうやってるんだ!と

驚きの真実を知りました。

 

実際の声や動きに合わせてキャラクターの口が動くので

自然なアニメーションになるんですね。

講座では、眉毛やまばたきや瞳の動きを

ちゃんと感知して反映する様子が見れました。

まあ、自分は声はちょっとね。。

音声変える方法があれば試してみたいです(笑)

 

よくテレビでもショートアニメなんかでやってますね。

あれがAnimateだという確信はないですが

同じようなアプリケーションで制作されてたと思うと

言葉が悪いですが、簡単に出来るようになったんだなと

感じます。

という、巷で人気の一部のVtuberのネタバレ?を

発見した話でした。

 

さじ