ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

夢の忘れものを拾う映画。

こんばんは、さじです。

 

月1の映画カテゴリです。

正月にamazon prime videoで観た映画は結局2つ。

そのうちのひとつです。

 

「フィールドオブドリームス」

アイオワの農場で妻子と平穏に暮らす主人公レイは、ある日トウモロコシ畑で声を聞く。幻に野球場を見たレイは思い立ち、畑の一部を潰し、野球場に。そこに現れたのは、かつて八百長疑惑で追放されたメジャーリーガーだった。野球選手だった亡父との確執を持つレイは、声に突き動かされるようにアメリカを周り、何かを追い求めていく。時空横断ファンタジー。主演ケビン・コスナー

 

まず初めにお断りしておくと、野球の話ではありません。

どちらかといえば、ある年齢を超えた大人が

夢を持つことや後悔を思い出して

それぞれの過去の心を精算する、という

ファンタジー要素の強い切ないストーリーです。

 

映像はトウモロコシ畑や野球場のカットなど

アイオワの風景が写真集のようになんとも美しい。

地方の保守的な住民性の表現をさらっと取り入れたのも

自分は好きです。

余所者を受け入れにくい風土はどこにでもあるのですね。

 

序盤はレイとアイオワの野球場をメインに話が進みますが

途中から一気に行動力が追加されていきます。

アイオワからボストンへ、ミネソタへ。

人から人が繋がり、次の土地へ、と進むけれども

焦燥感は感じない、ゆったりと落ち着いた映画です。

出会い、別れ、夢の忘れもの。誰の声だったのか。

とても温かい気持ちになれました。

 

お気に入りは、集会でまくしたてる妻アニー。

気持ちイイです。男気のある妻、最高です。

そして、ドクターグラハムの診療所でのひとこま。

じんと来ます。

結局、農場と野球場の結末は?というのは

映画ですから。触れないことがお約束。

 

シューレス・ジョーは実際にいたメジャーリーガーで

八百長疑惑も詳しい方なら知ってるかもしれません。

原作者のキンセラ氏が彼について

想いを寄せた作品だったのかもです。

 

自分の夢をどっかに置いてきちゃった大人に。

 

さじ