ゆるっと広告業界

デザイナーのきまぐれ。

コスプレが好きなわけでは(笑)。

こんばんは、さじです。

 

東京モーターショーが始まっていました。

一生のうちに一度は行きたいイベントのひとつです。

車にはまったく詳しくありませんが

ライトアップされた会場で車や最新技術が

たくさん見られる、という純粋な好奇心です。

規模も大きいですし、職業柄、会場の装飾も見たい。

そんな程度の一般人が行っていいものなのか、と

今一歩踏み出せずにいます。

 

同様に、コミックマーケットも行ってみたいのですが

こちらはさらにハードルが高く

しかも身近な人が出展してるものですから

覗き見するようでなんだか悪いなあ、と思ってしまいます。

来たら案内するよ、と言っていただけますが

どちらかといえばコミケ本体よりも

コスプレのお姉さんや、運営スタッフの舵きりや

噂に聞くコミケ雲。。。こちらの方が興味深いです。

 

こういったイベントの場合気になるのが客層です。

やはり本当に好きなファンや同志のような

気持ちが強い人が客として優先していくべきであって

興味本位の人は、例えばメディアとして行くとか

主催や協賛のスタッフ側に居た方がいいのではという

遠慮や尻込みの気持ちが勝ってしまいます。

 

以前、医療関連の展示イベントに行った時は

いかにも医療関係者です、な顔をして

用途もよくわからない高価な製品の説明を聞き

色々と物色しているフリをして過ごしました。

さして声もかけられず、雰囲気だけ楽しんできたものですが

会場の出口で、入場者が使うネックストラップの色で

医者かどうかを見分けられるようになっていたことに気づき

バレてたんだね、と同伴者と苦笑する帰り道でした。

 

おそらく、モーターショーやコミケ

いちいち他人のことなんて気にしてもいないでしょうから

行く機会、タイミングが合ったら挑戦したいと思います。

そのときは一応、それっぽい服装を研究して

馴染んで見えるようにがんばります。

 

ちなみに、東京モーターショーの当日入場券は2000円。

16時からのアフター4入場券は1000円。安い。

27日(日)までは500機のドローンによる

夜空を彩るショーが予定されているようですので

チェケラです。

https://www.tokyo-motorshow.com/event1/future_expo/

https://www.tokyo-motorshow.com/event1/drone_show/

 

さじ