ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

企画書用ことばグラフ。

こんばんは、さじです。

 

言いたい言葉が出て来なくなる現象、

いわゆるお年ごろです(笑)。

 

歳を重ねると言葉が出にくくなることは

記憶力の衰退だと思い込んでいましたが

実は、年月で得た知識が脳の引き出しにいっぱいになって

探すのに時間がかかるのだそうです。

思い出すのに多少時間がかかっても

これまで脳が学んできた言葉や情報が

たくさんあるってことかあ、と前を向くことにします。

 

しかしながら、業務上ですと時間勝負な面があるため

のんびり言葉を探せません。

企画書やコンセプト用によく使う言葉はおよそ定型があり

あまり捻った言い回しはしませんが

言葉の一覧表があると表現が豊かになりますので

Pinterestで探した画像をたくさん保存しています。

 

こちらは企画書でよく使う言葉を分布させたものです。

(※さじのイメージです。)

f:id:conasaji:20191012172026p:plain

企画書の場合はポジティブな言葉を用いるように心がけ、

マイナス要素は言い換えてプラスイメージに利用します。

古い→趣、のんびり→安定感がある、安っぽい→親近感のある、など。

カタカナ用語は日々進化してますので

ビジネス語句版も作らないとなあと思いました。

ニュースや若者言葉から学ぶことに

抵抗を感じないメンタルも大事みたいです。

思考の老化は極力遅らせたいです。

 

さじ