ゆるっと広告業界

デザイナーのきまぐれ。

広告業におけるコロナの影響。

こんばんは、さじです。

 

やられました。

イベント中止による発注キャンセルです。

小規模のイベントでしたが、大手クライアント。

決断が早かったのか遅かったのかは微妙ですが

パネルはたいていいつも、直前に発注が来るので

当日初校、翌日納品です。

でしたので、もう作ってしまってます。

けっこうなボリュームだったのでがっかりです。。

キャンセル料は頂きますが、コロナ影響、痛い。

 

イベントシーズンは春と秋とありますが

春の方が受注が多い自分の会社では大打撃の予想です。

現在まだ動いている4月のイベントも

雲行きが怪しくなってきました。

大人数が集まるイベントは自粛に傾くかもですね。

さて、空いてしまったら何をするのか。

 

今のところ、イベント以外の業務でゴタゴタしてますが

イベントに合わせて新規制作したカタログやチラシなども

たくさん作っています。

いずれ使うものですからおそらく納品まで行くものの

紙物放出をイベントに頼っていた企業は

在庫を抱えるため大変かもしれません。

各企業の営業マンたちが足で置きにいくとか。。

それもまた大変そうです。がんばってください!

 

キャンペーンの告知をSNSに変更。

また、イベントのセミナーをwebに変更という

変化球を投げるところもありそうです。

そうしますと、web関連業も忙しくなりそう。

コロナを機に一斉に企業が動画シフトに加速する可能性も

高いように思います。

webと動画、勉強を急ぐ必要が出てきました。

 

実は、イベントで配布されるノベルティ用品も

元は中国生産品が多いです。

Appleが減益予想を発表しましたが

小規模企業も例外ではありません。物が入らないのです。

そのため、中国の経済ダメージは日本のノベルティ会社にも

影響が強く出ます。

今のところ在庫ありのところも、次の入荷が未定ですと

ノベルティの製造も止まってしまいます。

国内品にシフトチェンジすれば、値上がりも必至。

高いとクライアントが受注を見送りますし

安くすればマージン売上が低下します。

八方塞がりの様相です。

 

今のところ大きいイベントの開催中止は聞きませんが

今年はオリンピックイヤーなので

コミケも春の予定なんですよね。

5月は総会シーズンですので毎年紙不足に陥ります。

入荷の遅れや数量制限がかかりますので

印刷物は余裕を持った発注をお願いしていますが。。

どうなることやらです。

 

5月には落ち着いているといいのですが

流行ピークは春とも聞こえます。

やはり健康な身体でいられることが

心理的にも経済的にも大事なことなんですよね。

感染された方、本当に気の毒ですが

どうぞお大事になさってくださいませ。

他人事ではないので、自分も気をつけます。

皆さまも体調は整えてお過ごしくださいね。

 

さじ