ゆるっと広告業界

デザイナーのきまぐれ。

イベ復活時に向けて。

こんばんは、さじです。

 

各種ビジネスイベントが止まっているので

完全にパネルの業務が途絶えてしまいました。

大きくてデータも重くなりがちなパネル案件ですが

古い大判出力機の焦げたような匂いが好きなことを

思い出します(笑)。

 

イベント復活が待ち遠しい印刷屋ですが

今お取引のあるクライアント様も

どう計画を立てるべきなのか迷走しています。

こちらからはご提案できそうもないので

お客様のお声掛けを待つばかり。。

そこで、リモート勤務で今後の広告戦略を練るマケの方に

こんなのはどうでしょう?と特殊広告のおすすめを

勝手にご提案コーナーです。

 

スタンディングバナー、いわゆる昔でいう立看板なのですが

布に印刷した大きなビジュアルが

くるくるっと上部に収納できるようになっています。

重さはけっこうありますが、設置も簡単にできる為

会場などへ移動したいときに重宝します。

幅1m高さ2mくらいのものが主流ですので

製品をイベント会場に運べないけれど

原寸大で紹介したいなどにおすすめです。

 

また、最近増えているのがデジタルサイネージ

いわゆるモニタに映すポスターのようなもの。

こちらは静止画像だけでなく映像も設定できるので

スペースに限りがあるときなどに使用しやすいです。

 

このところ人気が出てきたのが、バルーン制作。

空気で膨らませた模型のようなものです。

製品の設計図やサイズを書いたラフ図面から

バルーン制作専門業者がおこしてくれます。

イメージとしては、海で遊ぶゴムボートみたいな。

ちなみに、高額です。

画像は、出来上がり品の場合ですが

イメージとしてはこんな感じでしょうか。

オリジナルの形や文字入れなど、自由に作れます。

 

Amazonやら楽天やらのリンクを貼ってますが

これを買えば誰でも作れる訳でもありませんので

お近くの広告代理店へご相談くださいね。

 

以上、デザインだけやってあとは業者丸投げタイプの

紹介でした(笑)。

イベント復活時にはご注文お待ちしております。

 

さじ