ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

柿食へば。

こんばんは、さじです。

 

教科書にのっていた俳句を思い出す散歩道の柿の木に

たわわに実がなっています。

果物売り場に柿が出回ると急に寒くなってきて

また冬が来ちゃうなあとがっかりします。

 

正岡子規法隆寺を訪れた日にちなんで

10月26日は柿の日なのだそうです。

35歳で命を落とした俳人

35回しか秋を迎えなかったということですね。

子規より10年以上も秋を通り過ぎているのに

法隆寺にすら訪れていない自分が怠惰に思えてきます。

 

誰が言い出したのかデザイナーのピークが35歳と聞きます。

とうに過ぎてしまい、何歳までできるのやらと

しみじみ思うここ数年ですがまだなんとかなってます。

明日にも何が起こるかわからない時代ですので

なるべく長く、楽しみながら働けるように

いただいた目の前の仕事をこつこつと。

そして柿の日に法隆寺を訪れて

かつて見た俳人の風景を歩く旅を計画してみます。

でもきっと、都内どまりになってしまいそうな予感です。

 

さじ