ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

しあわせを思い出す映画。

こんばんは、さじです。

 

今日はお休みなので映画の話です。

映画館が苦手なもので、自宅鑑賞専門です。

amazon prime に毎月支払ってますので

prime videoで月に1、2本楽しみます。

 

昔の映画が多くかなり隙間趣味なので

当たり外れが大きすぎて

これは!というものは最近ありません(笑)。

なので、ここは鉄板の著名作からひとつ。

 

ショーシャンクの空に

スティーブン・キングの「刑務所のリタ・ヘイワース」が原作です。冤罪で刑務所に入れられた銀行マンの主人公が、その頭脳を生かして塀の中を生き抜き、脱走を謀る名作です。塀の中で主人公と出会った唯一の友人が語り口となり、汚れた狭い世界を丁寧に描写しています。目を覆いたくなるディープな場面もありますが、全編を通して重厚なテーマを平易なセリフで表現し、爽快なラストシーンは心に強く響きます。

 

こちらは、原作を先に読んでから観ましたので

正直期待はしていなかったのですが

原作のイメージを壊すことなくかつ

友人の語りとした手法が映画を引き立てます。

何よりも力のある俳優たちの深い演技が嫌味がなく

ストーリーに集中できます。

たまに挿入される刑務所内での温かい出来事や

人間の繋がりって良いなあと思わせるシーンなども

テンポが良く楽しむことが出来ます。

 

明るい話ではないので、しあわせなときよりは

少し落ち込んだとき、ついてないなあと思ったときに

ひとりで観るのをおすすめします。

屋根の上のビールのシーンがお気に入りです。(笑)。

 

さじ