ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

MacBook Pro買います(仮)。

Apple|スペック調べ

こんばんは、さじです。

M2搭載MacBook Air、Proが予約受付を開始しましたね。

www.apple.com

2台目(二代目?)のMacを検討しておりますフリーランスデザイナーです。ひとり親方で現在の手持ちが一台というのはやっぱり心許ない。今使っているMacBook Pro2019に何かあったら仕事できません。色んな人に迷惑がかかる前に買いましょう。

で、来週発売されるM2搭載MacBook Pro2022の13インチを検討していたのですが、スペック見てたらAirとあんま変わらない、いやどちらかと言うとAirのが色々新しい。M2AirがM1Proに価格が近づいた意味がわかった。

バッテリー駆動時間こそProの方が少々長いけど、20時間と18時間の違いじゃないですか。カメラもAirのが優秀。何より、大不評のTouch BarがProにはまだある。昨年からファンクションキーに戻ったって聞いてたんだけど、13Proは残すんだ。Air、Pro14インチ15インチはないのに。えー。

しかしながら、Airは冷却ファンがないので。で、じゃあPro14インチにしようかなと思いました。15インチは高い。でもM2じゃなくてM1なの。M2搭載の発売は9月ごろかな?また高くなるよね。

今の2019はIntelです。トラブルのない良い子ですがやっぱり3年経つと性能は目劣りします。普段はさほど困らないんですけど、ちょいちょい唸るのでヒヤッとする。負荷がかかる作業や重いデータを開くときにはアプリケーションが落ちることもあります。保存し忘れて自動保存を開くと、ここまでかー。。と悲しい思いをする。だから保存しなさいよ。

スペックの良し悪しって3年前に買った時は全然わかんなかったのですが、3年経ってもあまりわかんない。コレがこうだとどんないいことあんの?って調べるのが億劫なのもある。SSD、メモリ、コアの数までお好みに合わせて作ってくれるのはいいんだけど、自由が不自由とはこんなことなのかもしれないです。誰か決めてほしい。

そんなわけにもいかないので、自分の作業でどんなところを重点置くのかを書いてみる。

  1. 速さ上げたい
  2. GPU上げたい
  3. Retinaディスプレイ
  4. 1TB程度の保存容量
  5. 唸らない
  6. 一度にたくさんアプリケーションを立ち上げたい

3年ぶりにパソコンについて調べてみることにしました。また次回も調べることになるんでしょうね。。

速さ上げたい
M2は速いらしい。Intelの14倍とかなんかで見た。コレがCPU(プロセッサ)ってところですね。

GPU上げたい
グラフィック処理能力。Illustratorでデカイ画像を扱ってる時、画像の表示が追いつかない(または表示化けする)ことがよくある。14インチだと5段階、M1チップ版ではM1PROで最高GPUが16コア。M1MAXだと32コア。
外部のベンチマークを調べてみた。2019ProのIntelとM1PROの違いが分かるのがこちらの比較図。Intel* が紫、M1PRO(16コア)がオレンジ。おお。。凄いんだなあ。
*2019ProはIris Plus Graphics 655なのでこの比較図のUHD 630よりはやや上回っているはずです。

Retinaディスプレイ
Retinaであればもう。AirはLiquid Retinaディスプレイとある。liquid=液体=角丸ってことかな。同じ13インチでもAirのが大きいのはノッチ(ベゼル中央の出っ張り)のせいらしい。真ん中だけ下がってるんだけど、アプリケーションのバーが被って地味に邪魔かもしれない。2022Proのが古いみたいですが14インチはLiquid Retina XDR。2019でもDELLモニタに比べて全然ナチュラルで綺麗なので、並べて見比べないとわからないと思うけど。

左13inch2019、右14inch2021(AppleのAR)

1TB程度の保存容量
ストレージ。2019は1TBまで上げた。500GBは空きがほしいので、切ったら整理することにしています。溜まりがちなのがスクショフォルダと、自動処理前の元データ。PNGとかJPEGとかの元画像やIllustratorのPDF化バッチ処理するデータを処理前フォルダにぶち込んで自動処理させるのですが、案件が終わるまでは本体にとっておきたいのでひたすら増える。2Tあっても使わない。外付けHDDにバックアップとってるし、クラウドストレージもある。溜め込まない方がいいと思うのでまた1Tにしようと思うけど、超大型図面や3Dグラフィック作成、動画には2Tも良いかと(高いけど)。

唸らない
CPU浪費で冷却ファンががんばってるらしい(サポート参照)。ファンの掃除をすると唸りが軽減するというけど分解する度胸はない。2019はホコリの付着で静音性能が下がったんだと思う。冷却(クーリングシステム)はAirよりProのが格上と聞くけど、Air使ったことがないから比べられない。ファンレスってどんな構造なんだろう?

一度にたくさんアプリケーションを立ち上げたい
RAM(メモリ)。IllustratorPhotoshopInDesignPowerPointExcelAcrobatを同時に立ち上げて作業することが多い。2019では最大の16GBに上げた。32GB欲しかったんだけど、デスクトップと違いラップトップは低いんだなと3年前も思ったんでした。新しいPro、Airは最大24GBになってる。14インチは32GBもある。

まとめますと。自分仕様、スペックがどこまで本当に必要なのかよくわからん(笑)あれこれ足してたら40万を超えた。秋(?)にM2PROが出た場合、Airのように3、4万(5、6万?)上乗せになるってことですよね。シェー。

ところで今さら知ったんですが、2019のキーボード、Apple独自のバタフライ式で最後のシリーズなんだって。貴重品だわ、大事にしよう。新しいやつ(右)はなんか安っぽい。

今しばらく検討します。すぐ注文しても8月だし。

さじ

www.apple.com