ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

誰がために労働組合は成る。

Apple|時給22ドルは高いのか

こんばんは、さじです。

高校生の頃にした初バイトは時給530円でした。てなことを息子に話したら「働く気がしねえ〜」と言われましたが気持ちはわかる。490円とかもあったよと言うともはや想像もできない衝撃らしい。ちょっと前までは東京も1000円切ってたし、わりと都会の埼玉で800円を超えたのってここ数年じゃないかな。ファミレスの求人ポスター見て驚いた記憶があります。

アメリカでAppleの最低時給が20ドルから22ドルに引き上げられたそうです。

米アップルストア、従業員の時給を22ドルへ値上げ。労働者の不満に先手か【Gadget Gate】 - PHILE WEBwww.phileweb.com

元々アメリカの最低賃金は15ドルと日本より高いので、平均の1.5倍程度というと東京の1041円(2022年5月現在)に換算するなら1526円。22ドルは羽振りいいなーと感じたけどそうでもない。もう少し上げてもいいんじゃないかなーと感じ方を改めました。

Apple全体での労働組合はないんですね。労働者の権利としてアメリカでは通常あるんだろうと思ってました。今回の賃上げは労働組合の結成の動きを封じる狙いもあったみたいです。巨大企業では労働者が尊重されるイメージがあったけど賃金に関してはシビア。労働者としても何かと面倒そうな労働組合は御免だぜ?

しかし、ニューヨーク・グランドセントラルのApple Storeでは既に労働組合を結成した団体もいるようで。彼らは「企業が儲けた分、見合った額を労働者にも支払うべき」と最低時給を30ドルと主張していました。東京でいうところの2082円。うん、それくらいじゃない?NYのApple Storeでしょ?

アメリカの労働組合事情はというと。

www.businessinsider.jp

一時期企業側に抑えられてて弱体化したけどまた盛り返す気風が出てきているみたい。労働組合は企業からしたら厄介な存在で無いに越したことはない。しかし労働者側も面倒な仕事を増やすのは好まない。ということは、アメリカの労働者には相当な不満が。日本よりはマシだと思うんだけどここでも格差問題なんですね。日本でも労働組合が再燃するのかも。

日本では春闘なんて言葉がありますがここ数年、その名を聞くことが減ったように思います。ニュースでもあまり騒がなくなった。メディアも労働組合については触れたくないのかな。連合のトップ就任の知らせくらいしか目につかなかったですね。

デザイン費(クリエイティブ)に比べレイアウト費(作業)は安いデザイナー事情。賃金交渉の話を聞いて通じるものを感じたのは自分だけでしょうか。せめて大企業くらいは然るべき賃金を払い、下請けを値切ることなく日本経済を牽引してほしいものです。

さじ