ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

どうぞお怪我のないよう。

こんばんは、さじです。

春ですね。イベントシーズンが始まりました。また例のごとく数日おきにピークがやってきて寝食以外を犠牲にします。何かと不便には感じますが(ブログを読む時間がズレるとか休憩のおやつが食べられないとか)暇よりは毎日にハリが出ますね。と言ってられるのは今のうち。

地震大丈夫でしたか?お怪我のないことを祈ります。自分も東京ですが長い横揺れで少し酔いました。「うちは背の高い家具もないし倒れるまでもない」などと思っていたのですが、震源に近いお宅の映像を見て実際の揺れの動きを見たらそんなことないんだよねと思い出します。

ひと昔前までは個人のSNS動画がテレビニュースに出ることは無かったように思います。テレビ局や小売店の防犯カメラの映像は職場なので、生活スペースの状況ではありません。(もちろん大変なことは伝わりますが、自分とシンクロしないといいますか。。)今回は直後から居室の撮影動画がテレビでも出回りました。そうしたらもう、自宅のあらゆるものが心配に。アレもコレも倒れる、落ちるんだと想像できました。

自分は人より物が少ないと思っていたのですが、まだ多かった。要らないものは片付けてしまおう、倒れそうなものは倒れてもいいように保護しておこう、倒れても支障のない配置を考えよう、とリアルに考えることができるように。揺れの最中に撮影するのも危ないと心配にはなりますが、考えるきっかけになりました。どうぞお気をつけくださいませ。

何かと物が増えやすい小さな子どものいるご家庭と違い、既に成人しているのだしそれぞれの部屋もあります。片付けて?と言いましたがそれは自分も同じ。自室をなんとかしないといけませんね。本タワーどうしよう。整理するべきとはわかってますが。でっかい書斎が欲しいです。

まだ余震があるようなので引き続き気をつけましょうね。防災セットにマスクを追加しておかないと。

さじ