ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

社長さんといっしょ。

こんばんは、さじです。

この「制作部のつぶやき」カテゴリは会社時代の制作部なのでフリーランスになってから分けようか考えてましたがこのままいきます。ひとりですが制作部なのでまあいいか。

たまになのですが、代理店の社長からの直案件がやってまいります。と言っても特別なクライアントだからではなく、営業陣営の業務が逼迫すると降臨します。この社長がヤバイ。

危ない方ではなく、神か?と思わせる切れ者です。営業陣営の様子を見て、ダメだこりゃと思ったら間に入ってくれたり、部下の体調不良で担当クライアントがストップしそうになるとスピーディーに代わりを担当し始めます。で、今またそれが始まりました。

部下には言えませんが、凄いやりやすい。不明点もすぐ確認してくれるし、そもそも指示が的確で質問も滅多にありません。「分かりにくくてすみません!」って下請けに言える社長って良くないです?大昔に勤めていた会社の社長と似ているものの、お会いしたことはなく、チャットだけの主従関係です。

社内案件に常に気を配るのは束ねているからでしょうが、それでも何十社も抱えているのにどうしたらすべてのクライアント情報が頭に入るのか。依頼の内容を理解してすぐ原稿にできるとか頭の回転も手も速すぎる。人間ってこうも違うのか、と自分と比べて驚愕してしまいます。

で、その社長案件でやりやすいのは良いのですが、やはり社長なのでナーバスになります。絶対ミスれない。正直いつもの倍校正に時間かけてしまいます(笑)。常に見られている営業さんたちは大変だろうなあ。もう慣れちゃうのかな。

社内ではかなり怖い存在らしいので、ハートが強くないと続かない話を聞きました。何年も働いている人もいますが、ほとんどは1、2年で辞めてしまうそうです。自分も怖いのはちょっと。。辞めてから独立した方もたくさんいるので叩き上げられるんでしょうね。

ふと、あれっ、社長そういや歳下じゃないの?と思いました。(たぶん45歳くらい?)クライアントもほとんどが歳下ですしね。これから益々歳下の中に入って仕事するようになるんですね。こりゃいかん、自分も身なりをきちんとしておかないとなあ。昭和のデザイナーとでも裏で言われてたらちょっとね。

雑談で話が合うように今どきのネタも仕入れないと。別のところでですが、おかあさんといっしょの話についていけなくなってました。自分はにこにこぷんからぐ〜チョコランタンで終わっています。ブログも共通の話題が多いので同世代の方を登録しがちですが、若い人のも読まないといけませんね(笑)

さじ