ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

コメ好きすぎの悲劇。

こんばんは、さじです。

米食べてますか?新米価格が下落して、東北の米農家や米問屋が悲しんでいたそうです。しかし、最後の晩餐に指名するほどの米好きの自分が、春頃から少々米飯を控えていました。控えると言っても、1日3米から2米(米は単位とお考えください)に、微々たる制限です。

その頃、朝、日中、夜と常に眠気に襲われていました。体調が良い悪い関係なく、ひたすら眠い。春眠というけどこんなに眠いことあるのだろうか?変な病気では?と心配にもなります。

一通り理由や原因を追究したのですが、ストレスや過労や運動不足や更年期、自律神経失調症などなど、まーそりゃあ思い当たる節がありすぎです。でも休みの日に昼寝を3時間して夜早く寝て、朝も眠いとなると、1日の半分以上寝てるのでは?勿体ない気がしてきます。

「眠い 病気」などで調べると似たような検索結果なのでそれすらも面倒に思い読まないわけですが、一度でも検索するとYahooアプリには広告が入ってきます。「眠いのは糖化のせい!」と書いてある。糖化?

怪しげな広告には目も暮れず、体が糖化するとはどういうことなのかをGoogleさんに聞くことにしました。なんだかどれもこれも怪しく見えますが、養命酒のサイトなら信用できます(個人の感想です。)

www.yomeishu.co.jp

こちらの中で血糖値スパイクという、健康診断で見逃されがちな隠れ糖尿病予備軍があるとのことです。糖尿病は嫌だな〜なんて読んでますと。

こうして血糖値スパイクが続くと、血液中に余った糖が体内の組織や細胞にたまり、「糖化」という反応が進みます。糖化が進むと、くすみやシミ、シワなどの老化や、骨粗しょう症白内障認知症などの病気を引き寄せる原因になります。

(引用:養命酒製造株式会社サイト内「食後の急な眠気の原因は血糖値スパイク?予防に効果的な食事法4選」より)

思わず太字にしてしまいましたが、これは80歳現役デザイナーを目指す自分には由々しき未来。脱糖化!

以後、この記事にある食事の順番や食材に気をつけ、朝は米食と決めていたのを糖質オフのグラノーラにしました。食べながら鳥の餌のようだと掠めることもしばしばありましたが、ふと気づけば眠くなりにくくなりました。そういやそんな理由で始めたんだったと思い出す始末です。どれが効いたのかはよく分かりません。でも健康診断は優良児でしたよ。

自分が米を減らしたら家での消費が鈍りましたので、お米農家には申し訳ないことをしてしまいました。が、今後も愛するお米は毎日のお楽しみにして、美味しいごはんと苦楽を共にしたいと思います。

さじ