ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

開花宣言とタイムラグ。

こんばんは、さじです。

 

靖国神社の標本木に、気の早い桜が花を咲かせました。

咲いてはみたものの、みぞれの降る真冬の気温に

失敗したな、という照れ笑いしてるような画像です。

近くの桜の木の枝も少し赤みを帯びて来ましたが

枝につくつぼみはギュッと身を閉じてます。

満開まではまだあと2週間はかかりそうです(笑)。

 

昔勤めていた会社が、新宿御苑のそばでした。

門の向こうにある大振りの桜の木を横目に

近くの堀内カラー、HCLによくお遣いに行ってました。

HCLは国内トップクラスのプロラボです。

デジカメ以前のネガポジの時代。

現像の設備が社に無かったので、撮ったフィルムを持って

お願いしに行ったり、受け取ったりしてました。

 

スケジュールボードにHCL、サンプリングと書いて

ふらふらお散歩です。桜見物。

サンプリングというのは、アイデアを練ったり

撮影小物の下見をするために

街中やお店を見て回ることで使っていましたが、

クリエイティブ名目のただのサボリです(笑)。

徹夜ばかりしていた気がしてたけども

暇な時もあったんだなと、思い出しました。

 

さて、開花宣言から満開までの間に時差がありますので

油断してると一瞬で満開から葉桜になります。

毎年桜の木を撮りますがいつも満開を外してしまいます。

今年は満開でしなる枝を動画で撮りたいですね。

花びらが舞う映像は、散歩動画で使い勝手が良さそうです。

 

近くの桜の木は学校の敷地内なので

ほんの少し遠出してみますか。

人のいない神社や寺社の片隅なら

カメラを回してても怒られないかな?

満開がタイミング良く晴れて、少し風が吹く休日に合ったら

最高の撮影日和です。

 

さじ