ゆるっと広告業界

デザイナーのあれこれ。

モリサワのプロ意識。

こんばんは、さじです。

 

修正依頼されたデータが、他所の会社で作られた物で

フォントのアウトライン化がされていなかったために

ああ。。やってしまった。。

今更ですがアウトラインデータもありますか?と

連絡するのが初校前日のあんぽんたんはこちらです。

いただいたデータの確認は、いただいたときに、を

徹底しなくてはいけません。わかってはいるけれども。。

 

フォント問題も作業現場で度々直面します。

よくあるのはフォントの世代替わり事件です。

頒布されているフォントには新発売から

かなりのバージョンアップが重ねられ

手に入れた時期と異なったりしますと

ほぼ同じものなのにフォント名の表記が異なり

aiなどのアプリケーション上でフォントがありませんと

言われてしまいます。

最近ではフォントの購入もサブスクになったことで

だいぶ改善されているのかもしれません。

しかし、自分の会社の場合、

昔購入したものをしつこく使うため

いつまで経っても古いままという現状です。

で、先述のような軽いトラブルが発生する訳です。

 

フォントもかつてはファミリーで数万?数十万?の

高額でした。なかなか揃えるのに勇気がいります。

が、今は激安の年契約がありますので

デフレの恩恵といいますか、良い時代になったなあと

しみじみ思います。

 

ところで、フォントのタイプの種類の

オープンタイプとかポストスクリプトタイプとか

何度読んでも理解が出来ないので

どこか良い正解サイトはないかと探しましたら

モリサワがやはり最もわかりやすいです。

誤情報もないでしょうし安心安全です(笑)。

もう少しまとめられそうかな?と思いましたので

今度仕事の合間に図解してみたいと思います。

 

さじ

 

モリサワの用語集はこちらです。すっきり。

https://www.morisawa.co.jp/culture/dictionary/