ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

要らないと思うもの1位。

こんばんは、さじです。

 

東北に住むゲーム仲間から初雪の知らせが届きました。

カレンダーの残りが少なくなる今くらいから

クリスマスまでが一気に印刷物が増加します。

年内に予算を使い切るために、あらゆる企業、部署から

増刷依頼が殺到するためです。

 

製品カタログからリーフレット、社用封筒なども

予算のある限りを増刷に回して来るのですが

制作部を通す必要のないものは営業から直通で工場へ。

たまに奥付の日付更新の必要のあるもののみ

制作部に回ってきます。

えーー、と言われる営業さんには申し訳ないですが

このたった数文字の修正がまた手間がかかります。

 

まず、前回のデータへ行きます。

Illustratorで作成の場合文字のアウトライン化をしてますので

アウトライン化する前の、最新のデータを開きます。

すんなり開ければ、当たり。

リンクがない、フォントがないと言われたらはずれ。

はずれの場合、データを探る旅が始まります。

 

下手に過去のデータを触るとトラブルの原因になります。

そこで、アウトライン化したデータも開きます。

修正したい文字列のみを消したところに

アウトライン化前の文字列をコピー。

ペーストして、文字を打ち替えます。

 

リンク切れの場合は、過去のデータへ迷子探しの旅です。

サーバで直作業してた場合など、これが頻繁に起きます。

だいたいは原稿フォルダあたりに居ますが

ごく稀に、完全に行方不明になっていることもあり

その場合はWindows様の出番です。

優秀なサーバ検索機能で教えてもらったところから

ピックアップしてフォルダにコピーします。

再度開く、を押しますとリンクが勝手に更新されて

晴れて正しいデータが現れます。

 

うん、なんてつまらない記事でしょう(笑)。

作業の地味な事務感が伝わりましたでしょうか。

印刷会社はこんなこともしていたのですね。

楽しそう華やかそう、ばかりではないと

新人デザイナーさんは知っておくことと

奥付は極力入れないのがよろし、という話でした。

 

さじ