ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

8分19秒。

こんばんは、さじです。

 

寒くなって来ました。太陽のあたるところと日陰では

ずいぶん体感温度が違います。

いつも仕事とはまったく無関係記事で恐縮ですが

もしも太陽が消滅したら、というDiscoveryの記事から

少し要約してご紹介します。

 

太陽の光が地球に届くまでが8分19秒かかります。

およそ8分は何も知らずに地球人は過ごせます。

そして、急に暗闇が訪れます。

太陽の公転軌道から外れ、宇宙を彷徨います。

太陽の熱がなくなったことで、平均気温は3日で0度に。

地上の植物は枯れ、草食動物が絶え、肉食動物も続きます。

食べ物の奪い合いとともに、寒さにより殆どが絶滅。

1年後にはマイナス70度を下回り、人類もやがて滅亡します。

海は凍りつき、地上の生物が死に絶えたものの

地球の核は数十億年発熱し続けるため

深い海底では酸素や光を必要としない微生物が

生き残る可能性があります。

そのまま宇宙空間を数十億年彷徨い続けた地球は

また太陽のような恒星に出会えたときには

生き残った微生物が進化し

再び人類が誕生するのかもしれません。

 

人類がいくら抵抗したところで

太陽光を失った地球に生き残ることはまず不可能ですね。

今生きていることがすでに奇跡なのだなあと

地球の持っている運の良さに驚くところなのかもです。

そもそも、生きていて自分は地球の一部なんだと

実感するのも難しい訳ですけれども。

 

Discoveryの記事は、

新たな人類が誕生し、皆さんの残したものが発掘されるかもしれません。そう考えると、ちょっとロマンがありませんか?

と締めくくっています。

私たちが発掘したものは、いつの人類の遺物?

もしかしたら、マリアナ海溝はかつての人類が作った

人工のまちだったのかもしれません。

私たちの人類は何度目なのでしょうか。

宇宙の謎に今回の人類が辿り着けたとしたら

今回の人類のひとりとして少し誇らしいような気もします。

壮大な独り言でした(笑)。

 

さじ

 

記事はこちらです。

(dplayはDiscoveryのLINE公式アカウントです。)

https://www.dplay.jp/article/astronomy/0000000074?sf111980302=1