ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

Photoshopアプデレビュー。

こんばんは、さじです。

 

深夜にAdobeからメールが来てました。

CCがアップデート。

昨日の夜、Photoshopの機能追加で

髪の毛の切り抜きがAIでさらに進化したと

記事を読んだところです。

毎度、自動選択ツールのアップデートが有りますが

これまで満足した試しはありません。

 

でも、そこまでいうなら。。

休みですが自分のMacBookで試してみました。

以前、アップデートで被写体選択が追加されたときは

まあ、使えるときもあるよね、くらいでした。

ふわっとした毛の質感を抜くのは

印刷物では光のごまかしがない分

細かいところに違和感が出るので

結局は手仕事が必要です。

背景がきっかり分かれていたらまだしも

何かしらの異物が映り込んでいると

髪や毛を選んでくれません。

 

さて、新しいのはどんなものでしょ。

AIの技術とやらを見せてもらおうじゃないの(笑)。

 

まず、画像をPIXTABAYさんから拝借します。

Messan EdohによるPixabayからの画像

f:id:conasaji:20200617174928j:plain

こちらの女性、リゾート地に飛んでもらいましょう(笑)。

WalkersskによるPixabayからの画像

f:id:conasaji:20200617193707j:plain

切り抜きますね。

強化されたという「被写体を選択」。

点線が自動的に選択された部分です。

f:id:conasaji:20200617175055p:plain

ん、いいんじゃないの?

拡大してみます。

f:id:conasaji:20200617175147p:plain

まあ、甘いといえばまだ甘いけど、画質を考えれば許容。

ちなみに、2019での選択はどうだったかというと、

f:id:conasaji:20200617175305p:plain

こんな程度ですからね、かなりいけてます!

「被写体の選択」ツールの成長がわかります。

AIのAdobe Sensei、がんばりました。

 

さて、このまま切り抜いちゃってもいいのですが

まだ、こことか

f:id:conasaji:20200617175534p:plain

ダメなところもありますので、手作業で調整しますね。

マスクで背景消します。

f:id:conasaji:20200617200632p:plain


背景コピペ。影は手書きで足しました。

f:id:conasaji:20200617201314j:plain

リゾート到着おめでとうございます。

さて、気になる髪の毛の合成部。拡大しますね。

f:id:conasaji:20200617195406p:plain

解像度下げてるのもありますがナチュラルな仕上がりです。

webなら十分?

印刷物でもっと大きなパネルなんかだと調整が必要ですが

2019との違いは歴然でした。

 

ちなみに、被写体が犬の場合はどうなのか。

PezibearによるPixabayからの画像

f:id:conasaji:20200617195738j:plain

 

f:id:conasaji:20200617195859p:plain

選択が甘いです。

やはり、犬や動物はまだ学習中なのでしょうかね。

成長を待ちたいと思います。

 

さじ