ゆるっと広告業界

デザイナーのきまぐれ。

すべっと、ポコっと。

こんばんは、さじです。

 

自宅でリモート勤務続行中ですが

もうかれこれ2か月も出社していないので

社内の雰囲気がわかりません。

久しぶりに部のミーティングがあり

今後のことなどを相談していました。

 

その間、ちくちくと作業も進めていた訳ですが

メールの受信にも目を配っていたので

時折作業を中断して保存します。

すると、作業の履歴がメールで届くので

あ、さじさん今作業してたでしょ、と

バレバレなんですよね。

ちゃんと聞いてますよ。だってこれ今日戻したい。

残業にならないように時間配分できるのが

自分の特技です。

 

マルチタスクっていい意味で使うと思うのですが

それって社会人になって当たり前のことだと

思っていました。スケジュールを頭に入れておいて

どれをいつまでにしないといけないのか。

 

ただ、自分が出来るのって、DTPの範囲なので

最近のweb案件ではちょっとポカ気味です。

というか、流れがまだ今ひとつわからない。

間に色々な人が入るのも曲者です。

 

例えば、オンラインセミナーの告知。

企画は代理店の営業が建てる。

デザインを起こす。←ここ自分

webの外注さんがwebに起こす。

 

と、この辺はなんとなくわかるのですが

webを配信したあとでも、随時変更があって

印刷物のような、終わりがない。

終わりがないと、いつまでもいつまでも

修正を対応しています。ちょこまか変わるので

作業はたいしたことなくても、ちょいめんどくさい。

コーダーさんも切れ気味の時もあります。

 

web案件ってそんなものなんですかね?

他でやってないので、普通がわからないです。

新しい業務は経験で慣れるしかないですが

DTPはよかったなあ、なんて

少し疲れ気味な週末です。

 

いやいや、入稿データ作らなくて済むんだし

誤植の心理的ダメージも少ないし(直せちゃう)

webのが今後も開けてるしと言い聞かせて

ちょっと愚痴らせていただきました。

でもやっぱり、紙+インク+印刷加工って

webにはない楽しさがあるかなあ。

うむ、ノスタルジー(笑)。

 

ニス加工の装丁。マットですべすべの紙。

webでは手触りだけは再現できないですよね(笑)。

f:id:conasaji:20200925213911j:image

 

さじ