ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

焼肉とサブリナ。

こんばんは、さじです。

 

今朝、通勤時に目についた焼肉屋の看板をみて

思い出したアニメのエンディング。

黒毛和牛上塩タン焼680円

曲のタイトルです。大塚愛

全然覚えてなかったけど、ブラックジャック

エンディングだったみたいです。

大塚愛が可愛い声で歌い上げる焼肉の歌ですが

歌詞を見るまで焼肉の話だと思いませんでした。

だ〜〜〜い〜すき〜〜〜よ〜〜、って始まります。

凄い歌詞だなあと聴いていて思ったのですが

あ、焼肉の話なのね、と(笑)。

そういえば、アニメはピノコが料理してました。

ピノコも可愛かったですが、大塚愛も可愛いです。


大塚 愛 / 黒毛和牛上塩タン焼680円

 

で、もうひとつ。

トリコというグルメ系アニメのオープニングで

サブリナ。

これは家入レオのデビューシングルです。

朽ちてく果実〜〜〜サブリナ、ってやつ。

これもなぜこのアニメ?なセレクションだったのですが

まあ、なんとなくそういう時代だったような気がします。

アニメソングがアーティスト発掘の場的な。

家入レオはこの時高校生。凄い子を掘り当てたものです。

大人になり切ってない声がいい感じです。


家入レオ -「サブリナ」(Full Ver.)

 

曲にアニメの内容が入らないようになったのは

いつからでしょうかね。

マクロスの「愛・おぼえていますか」とか。

(アニメの内容は覚えていません。多分観ていない。)

子どもの頃はドラえもんとかアラレちゃんとか

たいていそのアニメ用に作られた曲でした。

子どもの好みが大人びてきたからか

ちょっと洒落た曲をあてるようになったのでしょうか。

 

まあ、そのアニメを見ている大人の自分もいたわけで

子ども向けから万人向けに変化したのは当たり前かもです。

口ずさみましたからね、焼肉もサブリナも(笑)。

 

通り過ぎる小学生がモー娘。を歌うのを耳にして

意味わかってないんだよなあ、なんて思ったものです。

恥じらいの精神は日本人から無くなってきても

自己主張を対面で言える人は少ないんだよなと思いつつ。

最近のネット中傷問題はそんな風潮のせいかもねと

急カーブな時事問題にねじ込んで今日はこれにて。

 

さじ

 

Adobe講座を聞きながら。

誤字ありそう。