ゆるっと広告業界

デザイナーのきまぐれ。

動画テーマ。

こんばんは、さじです。

 

AdobeのメールからPremier Proを学んでみよう、と

思いついた動画学習ですが

そういえば、一番大事なことを忘れていました。

目標設定です。モチベーションとして大事。

 

さて、何を作ろうか。身近なモデルが良いです。

ここで、昨日が伏線だったのだと気付いた方は鋭い。

昨日ご紹介した、マルチーズのまる子です。

肖像権やモデル料も要求してこないのでベストです。

芸はしませんので、何を撮りましょう。

 

可愛いと思っている自分の共感を得る為の自己満足の動画は

オチもなく、つまらないものです。

そんな思いで以下をコンセプトに制作の糸口を見つけます。

 

可愛さは伝えられること。

ブサカワ、ブサ犬のイメージが無い犬種なので、マルチーズ愛好家に怒られないように可愛さを十分に伝えられるものを目指す。

 

普段の様子であること。

何かしらのコスプレをさせたり動作を強制するのは趣味ではないため、普段通りの姿で撮影する。

 

ストーリー性を持たせる。

手に入れ易いので散歩動画を使うことにする。ただし、散歩の動画は飼い主以外には面白くもなんともないので、散歩をメインテーマにしない。

 

音楽の候補。

YouTubeアップを想定し、フリーの音源から選ぶことにする。できればアップテンポ。気分的に。

 

エンディングアニメーション。

動画の最後に、CMの最後に入る企業名のようなアニメーションぽいのを入れたい。

 

以上を踏まえて、制作テーマを考えます。

イメージ動画は、カッコイイ!カワイイ!の

自分の好みで作りましょうと

Adobeの先生がおっしゃっていました。

また、こんなアドバイスも。素人に優しい。。

 

音楽に厳格にリズムを合わせようとすると

面白みのないものになる(ダンスは別だそうです)。

ズレることは恐れない。

映像に合わせて、乗せたエフェクトを変化させるだけでも

動きが強調されて深みが出る。

 

まあ、そのセンスと言いますか、

どこをどう、演出するのかが初心者には難題ですけれども

昔見たCM風、好きな映画風、お気に入りのMV風など

ヒントを既出の映像にもらいながら

テーマを決めたいと思います。

でも、やっぱりオチはないかも。

 

さじ