ゆるっと広告業界

デザイナーのきまぐれ。

ガタガタに、愛。

こんばんは、さじです。

 

Photoshop4.0なんて懐かしいことを口にしたら

当時のパッケージが見たくなって調べておりました。

その合間にちょっと面白いものを見つけました。

 

バージョンミュージアムhttps://www.versionmuseum.com/

 

インターネットの黎明期から現代までの

OSやアプリケーション、検索サイト、ゲームなどの

バージョンを追ったトップ画やホーム画像が集められてます。

 

個人的にヒットしたのがやはりPhotoshop

懐かしい。。とともに、こんなだったのかあと少し衝撃。

英語版なのが少し残念ですが

ツールパレットの形や背景の色。そうそう、これでした。

そして、Mac OS。初期の可愛らしさ!

デスクトップアイコンやフリーズ時の爆弾すらも愛くるしい。

段々とスタイリッシュになって行く過程がみられます。

 

amazonの初期画面は初めて見たような気がします。

他にも、YahooやExplorerマリオカート

レトロな雰囲気で並びます。これ、何かで使えそう(笑)。

初期のものはどこもガタガタのビット文字、少ない色数。

しかしながら、シンプルで見やすく出来ています。

 

その時代では画期的だったデザイン。

出現した当時のデザイナーはどう感じていたのでしょうか。

時代のニーズと嗜好に淘汰されても

再び光を当てると輝き出すので不思議です。

大正、昭和初期のレトロデザインも

今見るとお洒落ですよね。

今、カッコイイと思って作っているものが

50年後、100年後にもカッコイイと思ってもらえたら

幸せなことだなあと思いました。

 

さじ