ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

ノスタルジックゲーム。

こんばんは、さじです。

 

家に初めてテレビゲームがやってきたのは

小学校に上がるか上がらないかの頃でした。

取引のある電器屋さんかどこかから

試しに、と買わされたのか付き合いなのか。

まったく興味のない両親がテレビゲームを設置したのです。

 

そして呼ばれた子どもたち。自分が来たときには

既に姉が遊んでいました。

何これ?と興味津々。

ブロック崩しの、かなり初期のものです。

黒画面にレンガのように置かれたブロックを

●でくずしていくようなやつです。

 

これじゃないけど、多分こんなののちょっと前ですね。


【Epoch】40周年「EPOCH TV BLOCK(テレビブロック)」はhijiQuish最初に触れたゲームハード、hijiQuishも本格始動2周年

この、エポックの「テレビブロック」は当時15,000円。

当時としてはビックリ価格ですね。

面白い!と2、3日は遊んだ気はしますが

ほとんど記憶がないので、借りていただけかもです。

 

そんなノスタルジーを思い出したのは

これを見たからかもしれません。

 

LSSさんがJavaScript落ち物パズルを制作中です。

少し書き換えても動くのかなと気になったので

コードをコピペして弄ってみました。

独自ルールは、透明の泡で色のついた泡を包みます。

 
 
 

ルール説明↓ 

f:id:conasaji:20200704211458p:plain

先日のmonaca educationのぷよぷよの時は

ブログに入れ込む技術と資格がないので

実践するならこのコード書き換えは楽しいですね。

なるほど、ここが色、形、スピード、と

CSSのようにまたまた遊んでしまいました。

コピペ出来るソースコードの公開とは

思い切ったことです。

 

自分の好みで形や色を変えられるのは

ゲーム制作の真似事をやってみたい自分に

最高の教材です(笑)。

名付けるならば、プログラミングごっこでしょうか。

わくわくするので一度コピペで試してみませんか。

 

さじ

 

7/10追記

LSSさんが消し実装バージョンを作ってくださいました! ありがとうございます!!!!!