ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

生きもののデザイン力。

こんばんは、さじです。

 

始めてからほぼ進化のないまま1ヶ月が経とうとしてますが

1ヶ月毎日更新という目標はなんとか達成できそうです。

ひとりごとが多いのはよしとします。

 

グループというものがあるのですね。。。なるほど(笑)。

ブログのタイトルを変えてみました。

広告業界バリバリの第一線のみなさまとは違った

ゆるすぎるデザイナーの日常を書き綴っています。

雑記の多い業務日誌みたいなものなのですが

参考になる記事がたくさんありましたので

デザイングループというところに入ってみました。

先陣のみなさまよろしくお願いいたします。

 

今日は昨日の続きと言いますか

六本木 21_21DESIGN SIGHTの虫展から再び。

自分のwebサイト作成はいつになるのやらです。

浅い多趣味は困ります。

 

虫展ではゾウムシという種類についての作品が

とても興味深かったのですが

シンプルなものからカラフルななものまで

外観、大きさもまちまちな彼ら。

種類も豊富なようで、彼らの柄の多種なことの驚きと

クリエイターの着眼点の広さに感服です。

f:id:conasaji:20190929205828j:image

 

人が作り出した生活空間に溢れる「柄」は

自然界にも存在するものかもしれないと気付かされます。

生きものが先か、発想が先か。

デザイナーが作る新しい「柄」は

実は虫の世界では時代遅れなのかもしれません(笑)。

 

さじ