ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

ゴッホの同窓会。

こんばんは、さじです。

 

上野の森美術館ゴッホ展に行ってきました。

誰もが知っているのでいまさらいろいろ書きませんので

リンクだけ貼っておきますね。

【公式サイト】ゴッホ展 2019-2020 東京展と兵庫展を開催

リンクのアドレスがgo-go-gogh。遊び心を感じます(笑)。

f:id:conasaji:20191207163343j:image

 

ちなみにデザイナーですが芸術の絵心はありません。

これ、綺麗!(薔薇)

これ、見たことある!(糸杉)

のような素人感満載の感想になりますので

ここらで切り上げておくことにします。

ちなみに14時過ぎに訪れ、事前にチケットネット購入済みで

待ち時間は0分、入場口もスマホでらくらくです。

が、中はかなり混雑してました。狭いです。

 

ゴッホ展の傍ら、高校の同窓会に行ってまいりました。

こちらがメインなのでついでではないのですが

すぐ近くでやるのにわざわざ日を分ける必要もありません。

事前に写真で何人かは現在の様子を見ましたが

こちらが思っているように、会ったら思われるのでしょう。

なるべく気張らない装いで出かけました。

普通ならここで、お店の情報などが入るところですが

味覚ハードルが低いため、これも省略。美味しかったです。

 

ふと、ゴッホの同窓会があるとしたらメンバーは誰なのか。

またそんなくだらないことを思いついてしまいました。

1880年代に成人している世代。

ムンクチャイコフスキー

横山大観竹久夢二夏目漱石

なんだか、気の合わなそうな感じです。

幹事は漱石猫カフェが会場とか。

万札よりも庶民の味方、千円札の夏目です。と

司会で盛り上げてくれそうです。

 

同じ時代を過ごしていたなら

何かしらの繋がりや影響もあるはず。

ところが文化的な横の繋がりを表した文献は

どうも少ないようで、見つかりません。

個々の伝記や記述にはたくさんあるのかもですね。

あの人の伝記にこの人が出てた!という情報を

それぞれの詳しい人から集めたら面白いなあと思いつつ

歴史の教科書に載っていた芸術年表を

手に入れたくなりました。

 

さじ

 

お土産はこちら。スヌーピーコラボのA5ファイルケース各330円。A5サイズはなにかと重宝します。

f:id:conasaji:20191207224251j:image