ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

5月の桜。

こんばんは、さじです。

 

昨日は温かでしたが、今日は雪。

桜は花冷えですが花粉は少ないようです。

花粉と花と、同じ目を潤すものでも

意味合いが違いますね(笑)。

花粉はどちらかと言えば、嫌われもので

花は喜ばれるもの。一般的な話です。

 

毎年頭を悩ませる、母の日の花。

母は花が好きですが、当日届けに行けないので

クロネコさんに届けてもらいます。

いわゆる、ネットショッピングです。

 

あっ、今、もうその話?と思いましたね。

甘いです。ネットの世界のショッピングの闘いは

2か月前から始まっているのです。

 

毎年定番の花束や鉢植え、アレンジなどは

比較的直前でも注文できます。

しかし、少し変わったもの、人気のあるものは

すでに販売開始されて、売り切れ間近なのです。

 

過去に送り込んだ花で変わり種は次のようなものです。

 

アイビーの動物トピアリー付きお花

生花のリース

お花のケーキ

バルーンに入ったお花

いちごの収穫が出来る寄せ植え

お湯に浸すと花が咲くお茶 などなど。

 

母の日シーズンには毎年、新しい商品が現れます。

昨年の流行はハーバリウムでした。

なんかの液体に漬け込んだ瓶詰めのお花です。

その前はプリザーブドフラワー

レインボーカラーのカーネーションがかなり出回りました。

 

ここ数年はお菓子や銘菓がついたものが人気です。

花より団子?

しかし、和菓子やロールケーキも定番になりつつあり

サプライズ感が出せません。

また、お菓子が付くと花が小さくなる傾向があります。

贈るならきっちり、花が主役が良いです。

 

カーネーションやバラじゃなくても

綺麗だなと思ったのを贈ってもいいですよね。

今年の母の日には、またまた一風変わったものを

選んでみました。

こういうのも母好きかも?

桜を家で。

同居の家族が海外から帰ったので

軽い自主隔離を率先してやっていた母です。

万一感染してて、年寄りの友だちにうつしたら

悪いじゃない?と電話で話してました。

気楽に花見にも行けないでしょうし

1ヶ月遅れのお花見を自宅で楽しんでもらおうと

思います。

 

さじ