ゆるっと広告業界

デザイナーのきまぐれ。

道端の花、ほどけた靴紐。

こんばんは、さじです。

 

読売新聞の天声人語にあたる各紙の1面コラムで

時に強烈な印象を残す文に出会います。

幅広い知識と言葉の選び方。

 

特に印象深いのが、地下鉄サリン事件の記事。

道端の花やほどけた靴紐

少し足を止めてその電車に乗り遅れていてくれたなら

というくだりでした。

映像や画像はその時の状況を知るのに十分ですが

言葉で紡いだ残された遺族の気持ちの代弁は

20年以上経った今でもやるせなさが思い返されます。

 

夜更けに燃える首里城の映像を見て

一輪の花のあしらいの柱を思い出しました。

アジアの風情漂う城郭は、日本の本土のそれとは違い

琉球王国の名に相応しい華やかな彩りでした。

白砂利の敷かれた内庭は質素に広がり

沖縄の強い日差しに負けじと城を照らしていました。

 

ひとつの火種が大きな過ちになることを痛感するとともに

それが静かに消えていてくれたなら、と

遅すぎる無念が押し寄せてきます。

いつでも行けると思っていたことが

間違いなのに気づくのはいつも失ってからです。

 

さじ