ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

海を歩く。

こんばんは、さじです。

 

旅行に行けないので昔を懐かしむ今日この頃。

はてなブロガーのしょこちゅんさん(id:shokochun)の

沖縄の花が記憶を掘り起こしてきます。

f:id:conasaji:20200731191205j:plain

しょこ丸@おじZさんによる写真ACからの写真 

昨年撮影した夕陽に染まるブーゲンビリアだそうです。

フリルみたいになった花びらが可憐ですね。

夕陽を背に旅先から離れる時の切なさを感じます。

 

沖縄には2回行きましたが、どっちも結構な昔です。

那覇空港に到着して思ったのは「小さい!」

確か、飛行機自体ほとんど乗ったことがなかったので

羽田空港しか知らなかったんですよね。

初めて見たJTA(沖縄便の航空会社。今も多分ある?)の

機体の小ささにも驚きました。

空港の前のロータリー?に椰子の木が並んでいて

南国気分はここから始まります。

その辺に咲いている花ですらちゅらです。

(注記:現在では那覇空港は建て替えが行われ、3階建ての大きな空港に様変わりしているそうです。しょこちゅん様、情報ありがとうございます!)

 

初めて行ったのは夏の初めの頃だったかと思うのですが

まだ若かったのでウォーターアクティビティ三昧です。

ライセンス不要のダイビング、シーウォークという

宇宙服のようなヘルメットで完全防水できる

顔も濡らさない海中散歩をしました。眼鏡もOK。

ちょっと耳が痛くはなりましたが、海底歩くの楽しい。

泳げない人や、ダイビングが怖い人にもおすすめです。

シーウォークは出来る時間が短いので(器具が少なかった)

待っている間は船のそばでシュノーケルも出来ます。

 

2回目に行った時に楽しかったのが「もぐりん」。

観光用の潜水艇ですが、ガラス窓越しの海中散歩です。

泳ぐ魚をガラスにへばりついて眺めました。

これ、もう運行していないそうで、残念。

どこかでやってないかな?と探しましたら

これ、シーウォークと潜水艇のいいとこ取り。

かつて、深海のダイオウイカの撮影に初成功したという

アメリカのトライトン社の機材。

この技術を用いて、新しい形の潜水艇の開発が

進んでいるのだそうです。

アクリルのバルーンで360度、海底100mの海中散歩。

宇宙旅行よりも海底旅行。先に手が届きそうです。

実用化は進んでいるのか、この荒波で不安ですが。。

夢のある開発だなあ、と期待しています。

 

さじ