ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

PS5抽選穴場。

こんばんは、さじです。

 

PS5が発売されました。

予約の頃から大騒ぎだったこの新製品。

もちろん抽選は一通り挑戦しましたが

第一期予約で見事に外れまくり

自分の中では、落ち着くまで手に入らないものと

諦めておりました。

まあ、自分は遊ぶ時間もないしね。

 

ひとり諦めなかった大学一年生、仮名サジ助。

彼は中学生の頃にお年玉でPS4を購入し

高大2度の受験勉強以外は毎月(正確には年毎)

有料サービスのPS Plusを更新してきました。

無事進学が出来たのでまたプチゲーマーに。

主に対戦型のオンラインゲームを好みますが

自分はそっちは詳しくないので知りません。

 

で、この愛用していたPS4ですが

やはり初期型だったことと、経年劣化により

あちこちガタがきてました。

半年前、約一年ぶりに起動したら

ディスクトレイが勝手に開くようになったと。

なので、PS5の発売情報を得たとき、もとい前より

購入は決めていたのです。

 

人気が出るだろうことは予想してましたが

これほどに転売屋が増えるとはね。

プレステメインで遊び、毎月オンライン料金を

お小遣いから払っていた彼にとっては

はあ?な話です。遊ぶ人だけが買うべき。

Switchもそうですが、転売して儲けを出すってのは

小売業を自分で開業する度胸もない小心者が

ビジネスごっこをしているようなもの。

まったく世の中、ギスギスしますね。

 

大手家電量販店の抽選は

ビックカメラ、ヤマダ、ジョーシンノジマ

それぞれ申し込みをしましたが、落選。

が、彼は本気だった。

再抽選はもちろん、地元の電器屋からレンタル屋、

ゲーム屋、本屋に至るまで

抽選と名のつくものにすべて応募していました。

 

そして。

f:id:conasaji:20201114134549j:image

努力の方向性はどうなのかというご意見はさておき

遊ぶ人が手に入れるならいいじゃない、と

バイト前いそいそとセッティングする男子大学生を

微笑ましく見守りました。

(なぜかリビングで開封の儀をしたので撮影)

 

今回抽選の「穴場」だったのかなと感じたのは

都心部から離れた地元の寂れた本&ゲーム店。

大手レンタルをバックに持ちながら

実店舗としては品揃えに難ありで

比較的人気のない店を受け取り店にしたことが

功を奏したのかもしれません。

抽選情報は公だったようですが

店舗ごとに割り振られた数があったとすれば

受取指定店の申し込みの競争率が

他よりも低かったのかもね。

結果からの考察ですので参考程度にしてください。

 

大人って、こんな風に論理だてするから

イヤですよね。

純粋に、真っ直ぐな気持ちで応募したサジ助には

決して敵わないように思います。

しかしながら、純粋が転売屋には勝ちましたので

抽選に苦しめられる趣味ゲーマーに

希望の光を感じていただけましたら嬉しいです。

 

ただの入手自慢になるとアレなので、

こんなのも話題だったようなので、一つ写真でも。

f:id:conasaji:20201114135944j:image

コントローラーの握り手裏側部です。

老眼の自分は肉眼では見えませんのでズーム撮影。

まる、さんかく、しかく、ばつの模様は

コントローラーのボタンのマークですね。

滑り止めを、こんなふうにあしらった

SONYの仕事は好きです。

遊ぶ人みんなが適正な価格で

手に入れられますように。

 

さじ