ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

ググってみる?

こんばんは、さじです。

たびたび書いているリライトですがほとんど進んでおりません。何せ雑記が多いもので全部まとめてを一旦置いといて、とりあえずオーガニック検索* で上位にあるものからにしよう!といくつか体裁を整えました。
*検索窓にキーワードを打ち込んで検索すること。

自分のブログ、こんなですが地味に上位に入ってるものが色々ありまして、中には「え、これ読む?」のものがたびたび上位に登場します。
他人のブログって何が読まれているのか気になりませんか?気になりませんか。まあ、そう言わずに、ちょっと面白かったのでご紹介しちゃいますね(笑)
注:記事中検索ワードをいくつか書いておりますが、オーガニック検索をオーガニックのままにしたいので検索は構いませんが、閲覧するのはどうぞご遠慮くださいませ。

f:id:conasaji:20210822145304p:plain

自分の場合、かなりアバウトな記事で言い切り型じゃないものが多いんですけど、検索キーワードの組み合わせで上位進出しています。

二つ目の、

conasaji.hatenablog.com

こちらは広告でもデザイナーの話でもなんでもないですが、「パリカール  ペリーヌ」で検索すると最初のページに出てくるようになっていました。パリカールを調べる人なんてそうそういないと思いますが、母数の少なさが貢献してるため上に上がってきます。

四つ目の、

conasaji.hatenablog.com

こちらははっきり言って、何も解決していない記事です。これも「肖像権 セーフ」で検索すると最初のページに出てきます。検索ワードがクリーンヒットした際になんとなく開いてくれる人が多いのが想像できますね。(「ちっ、わからないままか」と戻る人が多いと思いますが)

その後の、

conasaji.hatenablog.com

Audiostockはそもそもクリエーター向けの記事が多く、個人サブスクのレビューを書いている人が少ないのが上がっている理由だと思います。Audiostockの「99円」「個人」で検索する人が多いのかな。調べてみたら、Audiostockがアフィリエイトを昨年撤退したそうなので書く人が少ないのかもですね。いかに世の中のweb記事にアフィリエイターが多いかが読み取れます。

今回はGoogle検索でしたが、Yahoo検索も同様にAudiostockの記事やWacomペンタブの記事などでした。調べる人がどんなふうに検索ワードを決めたか?どんなことを知りたいと思ったのか?がたまたま共鳴した結果だと考えると、純粋に疑問に思ったことを調べて書いてもいいんだなと感じました。タイトルが短いのも実は検索画面でとっつきやすい効果があるのかな?と眺めていて思います。肖像権の検索画面なんて漢字だらけで嫌気がさしますからね。

そもそも自分が書いていることがwebの検索に出るというのが自分には面白くて仕方がありません。はてなアクセス解析を見る楽しみができました。と言いながらも、自分のこのブログ、全然閲覧数が増えてないのでせいぜい数回検索されただけなんだと思います。面白がってる場合じゃないですね(笑)。

さじ