ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

サンキュー、混雑なう。

こんばんは、さじです。

 

Twitterの機能が追加されました。

フリートっていう、24時間で消えるツイートを

投稿できるようになったそうです。

タイムラインの上部に強制的に設置されたので

ちょっと狭くなって見にくくなりました。

 

Twitterって、ふと気づいたことを書いたり

わあーって思ったその時の感動を書いたりと

いわば、自由です。

情報を知りたい時もあるし

なんでもない呟きを眺めたい時もあります。

 

頻繁に小さな窓がランダムに現れる様は

走ってる電車の中での出会いにも似てます。

たまたま聞こえた呟きに、へえーって思い、

面白い格好で眠る人を見かけてふふっと思い、

斜向かいのおじいさんのスーツを品定めする。

しない?まあ、自分の電車の中がそうなんで。

 

でもそういうのって、すぐ忘れますよね。

一年前に見かけて気になった学生さんを

今思い出せるはずもなく、記憶は捨てられます。

凄く印象に残ったはずの人間観察も

何かに書いておかないと忘れます。

 

これが、フリートなのかなと思ったんです。

思ったこと、感じたことをせっかく書くのに

残さないという選択。

たまたま乗り合わせた客のように

たまたま見かけた誰かのフリート。

忘れてほしい記録なんでしょうか。

 

フリートの機能ができた背景には

有益な情報源として活用されてきた最近の傾向で

「意味のない」呟きを書きにくい雰囲気になったと

フリートの記事で読みました。

有益な情報って、いいことを言ったり

ビジネスや将来の悩みのヒントや

暮らしの役に立つチップスのこと?

 

ちょうど、フリート機能追加の前日に

免許センターの混み具合を調べてました。

混雑状況はホームページでも見られるのですが

⚪︎とか×とかで、それがどの程度なのか?と

わかるようでわからない。

そこで、Twitterで検索をかけてみたら

あるある!たくさんの情報源です。

 

開門前の行列の写真もそうですが

午後に来たら1時間で終わっただの

駐車場7時半でもう満車、だのと

知りたい人には凄く有益な情報が溢れてます。

きっとこれを書いた人は、

単に誰かに愚痴りたかったり、

いい時間帯に来れたラッキーを自慢したかったりの

「意味のない」呟きなのでしょう。

こういうのを24時間で消えるフリートで書かれると

その翌日に現れた「知りたい人」の情報を

消されてしまうことになります。

 

で、総括しますと。

ツイートはなんでも書いていいと思いました。

すべてがへえーって思う知識である必要はないし

「混んでる」って一言が

誰かの「情報」になりうることがあるってことを

お伝えしたかったのです。

新幹線混雑なう。税務署行列わず。

気兼ねなくツイートしてほしいですね(笑)。

 

さじ