ゆるっと広告業界

デザイナーのきまぐれ。

お試しInShot。

こんばんは、さじです。

 

先日に引き続き、スマホで動画シリーズお試し中です。

今度はInShotを使ってみました。

またまた初見でゴーです。

 

開いてすぐ思ったのは、機能が多い。

ぱっと見10以上のアイコンが並んでいますね。

動画の挿入はiMovie同様、+マークです。

手順は省略していいでしょうか。

iMovieとだいたい同じです。

 

ちょっとわかりにくいかな?と思ったのは

動画の始めと終わりのフェードイン、フェードアウト。

これは、静止画の背景を動画の最初や最後に一つ差し込んで

その間のトランジションを設定する、という考え方でした。

あれこれいじってみた結果です。

 

同様に、音楽のフェードイン、アウトも

音楽の画面で鉛筆マークの編集から。

尺や音量は簡単ですが、ちょっと何かやりたいときは

どこにあるのか探すのが大変です(笑)。

 

これは違うな、というのを書いてみますね。

文字を入れるのは、iMovieよりシンプルですが

色や大きさ、フォント、あと場所を選べました。

好きなところにドラッグすればいいので

動画の色にとらわれず、直感で配置できます。

 

エフェクトも、たくさんありました。

ただ、これは有料?なものがわかりにくく

試していません。

動画のつなぎのトランジションも無料お試し、と出ます。

なので、このへんはよくわからないので使いませんでした。

調べればわかるかもですが、初見がテーマです!

 

音楽もそこそこ揃ってはいるものの

これ有料?これは無料?の違いがわかりにくいので

まあこれは問題ないであろうクラシックから

一つ選びました。

 

スタンプってのもあったので、入れてみました。

ちっちゃいポイントができますね。

遊び心が入っていいかもです。

 

書き出した動画を見比べますと、仕上がりはまあ

iMovieのような。

でも自分の好みはディゾルブが綺麗なiMovieかな?

有料のPro版ならもっと遊べるんだと思います。

 

そしてまた、Twitterでテスト。

 

サイズは全画面入ってました。

Twitter風に正方形でも良さげです。

画質はこっちのが綺麗。重いから当たり前かな?

 

そして今気になっているのは

自分これ、トライアル期間なんだろうか。。

いきなり課金されてたらイヤだなあ。。

明日確認しなきゃですね。

 

さじ