ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

Twitter、自分はこう使う。

こんばんは、さじです。

 

Twitterを始めた自分の体感記事です。

フォロー周りがのろのろになっておりますが

とりあえず1日1つぶやきくらいなら続けられそう、と

やってみた感想などから魅力を伝えてみます。

スピード感まるでなしでやっておりますが

何ごとも経験でございます。

 

感じたことや、ブログで書くまでもないかな?と

些細な気づいたことを書けるのが面白いです。

何も無い時は、今日はまあいいか、とお休みできるのも

お気楽で良いです(笑)。

 

そして、短文発信の利点。

出来る限り言葉を削ぎ落とすのは

ブログでつい長々と書いてしまう癖を

矯正出来そうです。

呟く前に意味が通じる極限まで減らすという

マイナーな調整をしています。

広告でのコピーライティングも

ひたすら文字を減らしていくツイートと似てるのかも。

 

Twitter連携の機能がほとんどのサイトで可能なので

気に入ったものをTwitterリツイートしておけるのは

非常に便利に思いました。

例えば、ニュースサイトで見かけた動画や記事。

今まではリンクをメモにコピペしてたのですが

TweetボタンでそのままTwitterに飛ばしておけば

時間ができてあとからも見れる。わあ、便利。

 

Twitterって若い人がハマるイメージですが

これ、きっとこのスピード感なんですね。

今、その瞬間に、世の中の関心を知る。

マーケティングの人たちにも良いデータがとれるのかも。

それが楽しいのかどうか、共感するのかは別にして

情報収集の方法として手軽さに長けた道具でした。

 

自身のつぶやきから、ブログ執筆のヒントになるのも

ちょっと便利だなと思います。

あと、忘れがちですが、ブログ投稿しましたが

出せますね。はてな以外の人に読んでもらえる。

まあ、常に忘れて今まで一度しか。。

 

最後に、はてなのブロガーさんたちの

ブログ以外の素顔っぽい日常が楽しめるTwitter

なかなか興味深いものです。

まったく知らないどこかの誰かではないのが

はてなブログやっててよかったなあ、と思います。

総じて、スピード感にはついていけてないけど

Twitter面白い、の魅力でした。

 

さじ