ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

涙腺CM。

こんばんは、さじです。

 

外資系のクライアントは軒並み

クリスマス&正月休暇に突入したようです。

すっかり静まり返ったチャットやメールの板に

時折、自宅からと思わしき確認しましたメールが入ります。

休暇中におつかれさまです(笑)。

 

毎年、12月になると普段と違うテイストのCMになります。

自分は主に音だけを拾っていますが

たまたま、目に入ったものがうっかり涙腺を誘うものだと

思考があらゆる方面に向かい、困ります(笑)。

 

今年のAppleのCMは、ストーリー仕立てです。

テーマは、家族の繋がりにAppleを、でしょうか。

亡くなったおばあさまを想う、残された家族。

クリスマス休暇は日本でいう里帰りの

お盆のような感覚みたいです。

ご馳走を囲み、家族で団欒するために帰省します。

 

パパとママは移動中や帰省先でバタバタしながら

子どもたちに、ちょっと何か見てて、とiPadを渡します。

む、iPhoneではなくiPad

しかも親の管理が行き届いてます。素晴らしい。

が、CMでは、それで単に子どもたちが

アニメを見て終わるわけではありません。

子どもたちは帰省先で、亡くなった祖母の

若かりし頃の映像を見つけます。

これ誰?と聞く妹。

おじいちゃんとおばあちゃんよ、と姉。

そして、何かを思いついた子どもたち、行動を開始。

集まった家族の写真を撮ります。

子どもたちの顔はワクワク。

朝、プレゼント、と祖父に渡す子どもたち。

おじいさまは戸惑いながら受け取り、袋を開けます。

そこには使い古されたiPad

ふざけてるの?とママ。ちょっと怒ってる?

おじいさまは促されて、うん?という表情でタップ。

すると、そこには。。

 

と、この後、涙腺が緩む展開になっていきます。

続きは、こちら。日本語字幕のは短めでわかりやすいですが

こちらがオリジナルみたいです。


Holiday — The Surprise

 

Apple製品のアピールとしては

時間の合間にどこでも使え、クリエイティブにも活用。

少しの押し付け感は、まあ、野暮なことは(笑)。

のんびりテレビを眺めることすら最近少ないので

お正月はスマホを伏せて家族団欒で

テレビを囲むのも良いですね。

今年のゲーム業界のCMも楽しみです。

自分的第1位、去年のDMM GamesのCMを超える作品は

現れるでしょうか。

 

さじ

 

たまに見たく?聴きたくなるので。。

お気に入りCMくっつけさせてもらいます。

conasaji.hatenablog.com