ゆるっと広告業界

デザイナーのじたばた。

海老反り代わり。

こんばんは、さじです。

ぐずぐずしてるのは秋雨前線なんですってね。朝晩はすっかり涼しくなり風邪引きそうですね。

f:id:conasaji:20210906202905j:image

一体何を血迷った?かのように毎日更新しておりますが、この1、2ヶ月思ったように記事を仕上げられず下書きに溜まる溜まる。(白状すると推敲がめんどくさくて投稿をサボり続けていたので夏休みをとり一気に仕上げました。なのでまだ続きます。)サボるってお題も途中ありましたよね。今週のお題「爆発」なんだそうで、よしゃ、投稿の爆発やっ!と開き直っています。さ、お題キーワードを本文に入れたので、雑談に戻りましょうか。

このところ体調を崩す人が多く、肩こりも酷いので運動を始めます。(またかよって言いました?)例によって筋トレですが、大抵気持ちに余裕ができるとスイッチが入ります。半期に一度の筋肉セールと名付けようかな。

何をするか。今回はですね、スクワットに追加して、背筋を鍛えようと思います。

はてなのだるころ9216さん (id:darucoro9216kun)も後ろ姿で若返る!と書いています。

広背筋テストなるものをやってみたんです。両肘をくっつけて肘が鼻の高さにくればOK。あれっ、そもそもくっつか。。?硬いらしい。

ご紹介されてるのはストレッチの進化版ですね。筋トレで海老反りの突発的な負荷よりゆっくりテンポよくがいいのかな?

広背筋って流行り(?)みたいで、

チューブローイング、ワンハンドローイング、プルオーバーと名前もなんかカッコイイ。ローイングってオールでボートを漕ぐことを言うんですって。

ガチガチの筋トレと違ってなんか易しそう。ダンベルは自分は腕が攣りそうなので、だるころさんの言うようにペットボトルがいいですね。チューブは娘が持ってたような。拝借してこよう。

また数週間で飽きる気もしますが、3ヶ月から効果が出るらしい。。。ま、始めようとする気持ちが大事なんです(笑)。

さじ

言い訳はできませんよね。

こんばんは、さじです。

ロイヤリティフリー画像のサービスでは大抵のところが透かし入りのラフ用低画質画像を用意してくれています。クライアントへの提案段階で画像を購入することは極めて稀で、通常、校了間際に購入し、本物と入れ替えて納品となります。

少し前までは印刷物への使用がほとんどでしたので、万一の時でも画質の低さで印刷入稿時に発覚しました。例えデザイナーや営業が本物と替え忘れていても入稿データのチェックや製版、刷版など人の目、人の手が多い故に見つけやすいということです。

しかしながら、webやPDF納品の場合、こういった工程が少ないので、当然人の目の通過も激減しています。スピード感が求められる世界ですから、クライアントとデザイナーが直接やりとりし、能力によってはサイトの実装も任されたりと人の手がかからない利点が仇になります。

誰がどうミスをしたのかは明白ですが、またサイトでの無断画像使用が指摘されたようですね。

この記事の後のご本人の釈明では無料のものと誤って使用との話ですが、今回は人の目が足りなかっただけではなくリテラシーの問題が大きいようです。人の目がもう少しあれば防げたミスではありますね。

この件に関しては言いたいことはまだまだありますが政治的な批判はヤフコメ民の方にお任せします。その代わりに、こうした失態を見かけるたびに、自分への戒めとしています。

例えばギリギリに差し替えるのを忘れる、校了前に納品データと勘違いされる、最終でないものをサイトに上げてしまう、画像のリンクを間違える、実装(コーディング)をリテラシーの低い業者に頼む。。など似たような過ちはいくらでも考えられます。決して他人事ではないことです。

忘れるはずがないことを忘れる、間違えるはずがないことを間違えるのが人間です。会社から独立した今、そうした責任ものしかかってくることを心に刻み込んでおきます。

さじ

スマホで<br/>改行をする方法。

こんばんは、さじです。

ブログ執筆がパソコンよりもスマホを手にすることが多い都合上、どうにか最低限の改行がスマホでできないものだろうか、と考えてきました。パソコンで書けば解決でしょ?はひとまずつっこまないでいただけますと嬉しいです。

スマホ(iPhone12・iOS14.7)で書いている際に偶然見つけた方法で可能だったので、これは是非世の中のスマホはてなブロガーに伝えたいです!

まず、実例から。


改段落の場合

通常、スマホの改行を押すとはてなの中では<p>タグの改段落</p>が反映されます。
それによって見え方がどうなるのかというと、以下です。

  祇園精舎の鐘の声、

  諸行無常の響きあり。

この1行目と2行目の間の隙間がどうしても空いてしまいます。スマホのキータッチ画面には「改行」と書かれているものの、はてなの中(html)では「改段落」</p>と認識するということです。

コード
<p>祇園精舎の鐘の声、</p>
<p>諸行無常の響きあり。</p>


改行の場合

本来目指す改行がどうかというと、以下です。

  祇園精舎の鐘の声、
  諸行無常の響きあり。

1行目と2行目の間がブルーの時より狭くなりましたね。こちらがhtmlでいう本来の「改行」なので、html編集画面を覗くと「祇園精舎の鐘の声、」と「諸行無常の響きあり。」の間に「<br/>が打ち込まれます。

コード
<p>祇園精舎の鐘の声、<br />諸行無常の響きあり。</p>

パソコン入力時はshiftキーを押しながらreturn(enter)キーを押すと、本来の改行である<br/>タグになります。これは結構有名なようです。


スマホで本来の改行をさせる方法

本題のスマホでの入力方法です。

  1. まず本文を書きます。
  2. 改行したい部分で、「英字入力」キーに切り替えます。
  3. shiftキーである矢印マークをON。色が変わります。
  4. この状態でreturnキーを押します。

これだけです!

f:id:conasaji:20210905141055j:image

パソコンのhtml編集で確認してみますね。下記の画像のように、<br/>タグで入っています!

f:id:conasaji:20210905141329p:plain


なぜ改段落はダメなのか

改行に改段落を使うことはhtmlの構造上よろしくないという話をたびたび目にしてきました。ひとつの文の途中で改段落になっているのはコンピュータがhtml文書を正しくないと判断するためだそうで、SEOに悪影響を及ぼしている可能性があるとか。そのため、自分も過去の無駄に入れてしまった本来改行なのに改段落になっている箇所をリライトしたいとずいぶん前からほざいている次第です。(地道に進めてはおりますがさほど進んではいない)


自分では凄い発見だと思ったのですが、スマホで書く人がそこにこだわるか?って話なのかもしれません。

ついでに一年前に書いた改行と改段落にまつわる当時の逡巡を貼っておきます。この悩みが一年を経て解決となりました。当時は諦めていますね。

conasaji.hatenablog.com

この記事はリライトできないですね(笑)。

さじ

追記:OSのバージョン、機種の仕様、テキスト入力の設定などにより相違の可能性がございますのでご了承くださいませ。

Whoisからのメール。

こんばんは、さじです。

WordPressレンタルサーバに使用しているConoHa WINGを昨日の記事通り更新しました。あまり今使えてないんですけど必要経費です。プロフィールサイトを作るので事業広告費ですね。

更新に先立って「更新費用5%offキャンペーンがあるよ」やら「Whois情報の正確性確認してね」やらのメールが頻繁に来ていました。Whois(フーイズ)のメールはドキッとします。一年ぶりにWhoisなんて聞くと「なんだっけ?」になっていますのでおさらいです。

Whois登録者情報って何?

ドメイン保持者の氏名や電話番号、住所などを誰でも見られてしまうサービスです。ICANNという世界中のドメインを管理している団体が策定している「情報公開」の決まりなのでWhois登録しないわけにはいきません。これを何に使われているのか?というと、ネットワークのためのデータベースだそうです。インターネット上の住所であるドメインの電話帳のようなものと考えるといいと思います。

Whois公開したくない!

え、公開されるって嫌なんですけど。っていう個人の方のドメインWhois開示の代行サービスがあり、これは自分で言うとConoHaで申し込んであります。そうしないと自分の情報が世界中に丸見えになってしまいますので。。このサービスは独自ドメインを持つ最初のレンタルサーバ登録時に必須作業になります。ドメインが既にある会社や業務上連絡先や所在地を公開している個人の方であれば不要です。

Whois代行サービスって何?

本来であれば「marupetta.com(WordPressドメインです)」を登録している自分の住所氏名が公開されるところを、ConoHa(GMO)の住所氏名に置き換えて公開してくれるということです。

ConoHaは代行無料

ConoHa WINGでは契約をした時に設定します。契約期間中は無料です。レンタルサーバの移転時には移転先に代行サービスを申し込む必要があります。

個人ブログには利用しない選択はない

商業目的で企業ブログなどでは開示されても全く問題ありませんが(既に企業概要やお問い合わせ電話番号などサイトで公開してますので)、そういったことを望んでいない個人のブログやサービスでは代行サービスは必須ですね。

Whoisからのお知らせメール

一年に一度、Whoisの登録内容に誤りがないか?と言った内容のメールが来るようです。このメールには個人の情報がまるまる載っているのでヒヤリとしますが、Whoisとしては「君の本当の情報間違ってない?」という確認なので、代行サービスを使っていれば公開は代行されています。自分の情報、公開されてないかな?と心配な方は記事下部にあるお名前.comのWhois検索が便利です。

備忘録

今後レンタルサーバを解約しドメイン会社(お名前.comなど)でドメインを引き継いだ場合に1000円程度(年間)かかります(お名前.comはキャンペーンで無料になったりします)が、「Whois代行」は必ず申し込む、と覚えておきます。

さじ

 

Whois登録者情報は以下で確認できます/

www.onamae.com

ConoHa WINGの契約更新。

こんばんは、さじです。

表題通り、WordPressレンタルサーバの更新があり、ちょうどバタバタしている間だったものであまり確認できないまま慌てて割安のクーポンを購入し、更新を待っていました。
で、実際に更新されたのが思っていたのと違う形になってしまい悲しい思いをしたので、次回以降流れを忘れないように書いていきます。

自動更新ONを確認

自動更新をOFFにしているとドメインの自動更新もできなくなるため基本自動更新が必要。サーバのお引っ越しなどの予定がなければ自動更新は常にONが好ましいらしい。

誕生日クーポン

自分の誕生日に更新に使える500円クーポンがメールで届く。メールからコントロールパネルにログインすると更新費用などで使えるクーポンがもらえる(らしい。すっかり忘れていてもらい損ねました。メールが届いてから1ヶ月間が期限なので確実にもらいましょう!)。

ドメイン料金支払

ドメインの契約更新のお知らせと請求がメールで来る。WINGパックで無料ドメインを使っていると請求額は0円と記載されるがメールで「お支払いを確認しました!」と言われると「え、無料でしょ?」とドキッとする。0円のお支払いです。

クーポン購入

定期的にキャンペーンがある(場合が多い)。メールでお知らせがあるのでConoHa ショップで購入しておく。これも期間が限定されているので注意。

自動クレジットカード支払いOFF

支払い方法の確認をする。クレジットカードでの支払いにしてあってもクーポン残高がある場合はそこから適用される。(が、なんか心配なのでOFFにしておく。来年のみONにする。理由は次項目)

契約期間の変更

前回の契約が1年で、今回が3年にしたい場合、変更しておく。変更しないままでいると1年で更新されてしまい、せっかくの割安クーポン購入が無駄になる。(1年のままになっていて無駄になりました。今のうちに2年更新に変更し、次回更新時にはクーポン残高で足りない差額をクレジットカードから支払うことになります。)


まとめ

色々失敗もありましたがなんとかサーバの更新は維持できました。契約期間の変更は完全に失念してましたね。更新時には隅々まで契約内容を確認しないといけません。
また、誕生日クーポンはその前後に他のところ(Amazon Primeとかピザ屋とかカード会社とか)からも大量に来るのでうっかり忘れがちです。
またやらかしそうなので来年「またやっちまった」の記事がアップされないように気を付けたいと思います。

さじ

デザイナーのきまぐれ。

こんばんは、さじです。

9月ですね。夏の終わりに。

f:id:conasaji:20210901211531j:image

デザイナーの中でも
ほんのひと握りの運の良さで
大きな企業のデザインチームに入る人もいれば
世渡り下手のせいで弱小会社に居たりと
本来の実力がはっきりしません。

たまたまどこかの良い巡り合わせや不幸、
タイミングもありますね。
「運も実力のうち」とは昔から言われてるし
世の中の不平等は平等になりません。

f:id:conasaji:20210901211602j:image

自分が就職活動をしていたおよそ30年前、
叔母が「うちの会社くる?」と言いました。
大手出版社でいわゆるコネです。
叔母も長く勤めていて口が利けたようでした。

他に行ってみたいと思う中規模の出版社があり
そこは二次選考だったかに進みましたが
あいにく落ちてしまいました。
どうしようかなあと夏休みを迎えます。

f:id:conasaji:20210901211619j:image

その少し前、学校(変わった専門学校でした)の
授業の終わりに、講師から声をかけられました。
友人数人と談笑中でしたが
就職活動の話などを聞かれました。

自分は出版社の一次選考が通ったばかり。
友人2人はまだ何もしていない、
もう一人は進学(転部)する。
それぞれ将来を考えたり考えなかったり。

もし時間があったらさ、アルバイトしない?
講師は自分のデザイン会社(広告関係)を持ち
卒業生から毎年一人引っ張っるようです。
名刺を配り、電話してと言い残して去りました。

出版社の二次が落ち、結局コネ入社なのかなあ。
他に候補もありましたが、場所が神奈川で
知らない土地に行くのは踏ん切りがつかず
受けもせずに近所に写真を撮りに行ってました。

そんなある日、電話がかかってきます。
講師からでした。
「一人バイトに来てくれたんだけどね」
どうやら狙いは自分だったらしいと知りました。

「週に2、3日でいいから」というし
まんざらでもない気分と、実際暇でしたので
行ってみることにしたのが
翌年入社した会社との出会いです。

正直、なんでこんな会社に入ったのか?と
深夜残業や徹夜明けに考えることはありました。
同級生がアフター5やらショッピングに
うつつを抜かしていることに妬いたりです。

叔母の出版社に入っていたら
今とは全く違う仕事をしていたように思います。
デザインに関わる仕事ではなかったし
どちらかといえば、営業職に近いこと。

今さらながら「もしあの時」を振り返ると
ずっと高収入でたくさん遊ぶ時間があり
会社の破壊的なネームバリューを背に
今の自分とは全く違う人生を送っていました。

なぜ選ばなかったのか。
仕事として1日の3分の1を捨てるのか、
仕事も愛せるような3分の1を過ごすのか
その二者択一だったことは覚えています。

f:id:conasaji:20210901211646j:image

仕事の考え方は人それぞれで
自分はたまたま、メンタルが強いおかげで
仕事だらけの社畜人生でも大丈夫でしたが
そんな人間ばかりではありません。

結局最初の会社も5年ほどで辞めたわけですが
そのあといくつか経験した中では
最も収穫のあった時間でした。
若さもありますがね。

もう一つ「もしあの時」を振り返ると
自分が編集に拘ったのは正解でした。
アルバイトの面談で、
「自分は編集を仕事にしたいから」と
強調した生意気な学生です。

ところが、タイミングよく
会社に「雑誌編集」の定期依頼が入ります。
先輩方のフォローで自分が取り仕切る前提で
入社しないか聞かれました。

あの時、もし自分が
そんな生意気を言わなかったら
その仕事は出来なかったと思います。
取材、執筆、制作など毎日が夢中でした。

初年度は多々迷惑をかけてしまいましたが
次の年からはDTPの導入のため、
技術を伝える側になりました。
「新人教育」はこの頃得られたものです。

自分が今、デザイナーとして
仕事を続けていることは
長くやってきた慣れではなくて
自分の選択のあみだくじの結果です。

きまぐれだからこそのいま、
長期案件の納品を完了して一息つき
ブログを書くこの最高のひとときを
強い満足感と心地よい疲れと。

f:id:conasaji:20210901211937j:image

9月1日をもって3年目に入り、
次回よりまた副題を変更します。
この一年きまぐれな記事をお読みいただき
心から感謝いたします。

さじ

ググってみる?

こんばんは、さじです。

たびたび書いているリライトですがほとんど進んでおりません。何せ雑記が多いもので全部まとめてを一旦置いといて、とりあえずオーガニック検索* で上位にあるものからにしよう!といくつか体裁を整えました。
*検索窓にキーワードを打ち込んで検索すること。

自分のブログ、こんなですが地味に上位に入ってるものが色々ありまして、中には「え、これ読む?」のものがたびたび上位に登場します。
他人のブログって何が読まれているのか気になりませんか?気になりませんか。まあ、そう言わずに、ちょっと面白かったのでご紹介しちゃいますね(笑)
注:記事中検索ワードをいくつか書いておりますが、オーガニック検索をオーガニックのままにしたいので検索は構いませんが、閲覧するのはどうぞご遠慮くださいませ。

f:id:conasaji:20210822145304p:plain

自分の場合、かなりアバウトな記事で言い切り型じゃないものが多いんですけど、検索キーワードの組み合わせで上位進出しています。

二つ目の、

conasaji.hatenablog.com

こちらは広告でもデザイナーの話でもなんでもないですが、「パリカール  ペリーヌ」で検索すると最初のページに出てくるようになっていました。パリカールを調べる人なんてそうそういないと思いますが、母数の少なさが貢献してるため上に上がってきます。

四つ目の、

conasaji.hatenablog.com

こちらははっきり言って、何も解決していない記事です。これも「肖像権 セーフ」で検索すると最初のページに出てきます。検索ワードがクリーンヒットした際になんとなく開いてくれる人が多いのが想像できますね。(「ちっ、わからないままか」と戻る人が多いと思いますが)

その後の、

conasaji.hatenablog.com

Audiostockはそもそもクリエーター向けの記事が多く、個人サブスクのレビューを書いている人が少ないのが上がっている理由だと思います。Audiostockの「99円」「個人」で検索する人が多いのかな。調べてみたら、Audiostockがアフィリエイトを昨年撤退したそうなので書く人が少ないのかもですね。いかに世の中のweb記事にアフィリエイターが多いかが読み取れます。

今回はGoogle検索でしたが、Yahoo検索も同様にAudiostockの記事やWacomペンタブの記事などでした。調べる人がどんなふうに検索ワードを決めたか?どんなことを知りたいと思ったのか?がたまたま共鳴した結果だと考えると、純粋に疑問に思ったことを調べて書いてもいいんだなと感じました。タイトルが短いのも実は検索画面でとっつきやすい効果があるのかな?と眺めていて思います。肖像権の検索画面なんて漢字だらけで嫌気がさしますからね。

そもそも自分が書いていることがwebの検索に出るというのが自分には面白くて仕方がありません。はてなアクセス解析を見る楽しみができました。と言いながらも、自分のこのブログ、全然閲覧数が増えてないのでせいぜい数回検索されただけなんだと思います。面白がってる場合じゃないですね(笑)。

さじ